斉藤亮のHE“RYO”Sコラム

c0208048_10402171.jpg
皆さんお久しぶりです。チームコラテック斉藤亮です。
毎日暑い日が続いており、体調管理や熱中症には十分気を付ける必要がありますね。
梅雨も明け、猛暑日が続き、いよいよ夏本番といったところです。
私の住む長野県北信濃地方でも、最近自転車が非常に盛んになってきています。
本来、豪雪地帯である北信濃はスキー文化で有名な地域です。
近年では夏は自転車(マウンテンバイク、ロードバイク)、冬はスキー。といったように1年を通して楽しめる環境があります。
自転車はエコ。確かにそうですが、サイクリストのマナーは非常に良くないのが現状です。
スポーツバイクが社会的に排除されることがないようにするためにも、交差点では安全確認、
信号無視やキープレフトなど歩行者や運転者に迷惑を掛けないようにする必要があります。
この時期のサイクリングは自然の風を肌で感じ、最高に気持ちが良いものです。しかし一歩間違えば事故にも繋がり兼ねません。皆が楽しめるサイクルライフを心掛けましょう。


前回のコラムから3カ月の期間が過ぎ、色々な変化と経験がありました。
4月下旬に開幕したMTBジャパンシリーズ。開幕戦では5位。2戦目は3位。3戦目は2位。
と徐々に調子を上げて挑もうとしていたMTB全日本選手権大会。
しかし、レース2週間前に持病である耳の病気が再発してしまい欠場することに・・・。
悔しさと怒りが込み上げてきましたが、まだ続く競技生活を考えると今回の欠場は苦渋の決断でした。10日間ほどの入院生活は、自分を見つめ直す良い機会でもありました。
過去のこと、今のこと、今後のこと、将来のこと、、、
色々と考える中で、病気になったことで、いかに自分が周りの人達に支えられているのかを知りました。決して病気になるということは、マイナス面ばかりでは無いと思いました。
今はトレーニングも再開し、次戦に向けて日々奮闘しています。今までよりもっと自転車が好きになり、楽しくなりました。
ワークスチームに入って3年目の今シーズン。成績を出すためにはどうしたらよいのか・・・?自分なりに考え、実行してきた結果が少しずつ形となって表れてきています。
多くの方々のアドバイスをよく聞いて取り入れることも重要ですが、その中で自分の本当に大切にしてきたことをなくさないようにすることも大事なことです。己を見失わず多くのことを吸収していく。それこそが日本のトップシーンで活躍していく道しるべとなります。
結果を出して当然という重圧は、選手を成長させるエネルギーとなります。
今シーズンもすでに中盤戦。このままでは、まだまだ終われません。この夏、最高の思い出となるような暑い、熱い、夏を過ごします。今年はコラテックのバイクと共に世界に挑戦します。
c0208048_10403256.jpg
ジャパンシリーズ第3戦、2位入賞

[PR]

by cycle-sports | 2010-07-27 10:43 | レース情報  

<< 高濱邦晃選手、アイアンマン70... 2011年モデル発売開始! >>