斉藤 亮選手 ジャパンシリーズ第2戦 富士見 惜しくも4位!

c0208048_18113324.jpg

大会名:JCF / MTBジャパンシリーズ富士見/XCO#2
期日:2011年6月5日(日)
会場:富士見パノラマスキー場 JCF公認XCコース
天気・気温:晴れ・24℃
競技種目:男子エリート 4km×6周回
出場者数:80名
使用機材:CORRATEC R.V CARBON2011
レース結果:4位

 Jシリーズ開幕戦から約1カ月の期間が開いての第2戦富士見大会。初戦での反省や課題を克服するには十分な期間があり、レースへの調整と準備も万全に整えることができた。アジア選手権の1週間前ということもあり、海外遠征組もフルメンバーが集結しハイレベルの戦いとなった。
今回は今までになく強力なサポート体制でレースに挑めたことで、何より精神的に心強く感じた。
今年のレースコースは昨年とは一味変わり、明らかにスピードコースへと変化している。そして、ルール改正によりレース時間が1時間30分~1時間45分の間でトップがフィニッシュするように設定された。これにより昨年までより15分程短いレースとなりよりスピーディーで白熱した展開となる。男子エリートのスタートは13時、6周回。10分前に招集コールが開始され最前列に並ぶ。

 集中力を高め、気持ちを落ち着ける。号砲一発、良い反応でペダルをキャッチし全開でもがく。
やはりスタートからかなりのハイペース。もちろんそれは想定内。スタートから続く緩斜面の登りを終えて、最初のシングルトラックを5番手で通過。呼吸が荒い分、下りのバイクコントロールが不安定になりがち。前の選手と数メートルの差が開いてしまうものの、登り返しや平地でまたその差を詰めていく。自分に劣っている部分、自分の方が優れている部分、そんなことをしっかりと理解し、頭に入れながらラップを刻む。

 1周目を5位で通過し、2周目へ。先頭集団は自分を含め5名のパックでレースを展開。後方の選手との差はかなり開いているのはわかった。やはり海外を拠点に活動しているブリヂストンの選手2名が積極的にレースを仕掛ける。アップダウン、テクニカルな下りセクション、バンクコーナー、様々な要素が必要とされる今回のコースは休みどころがない。また、ごまかしのきかないコース。不安や弱気になって牽制するよりも、ハイペースの先頭集団に食らい付いていくことで見える何かを掴みたい。そんな思いで必死に食らい付く。

 2周目後半でブリヂストンの山本幸平選手がペースアップ。これには誰も着くことができず、パックも崩れていく。緩急のあるペースアップに等間隔になったりパックになったりを繰り返す。3周目、4周目と大きな順位変動はなく、5周目へ。明らかにペースが落ちているのがわかる。ここが踏ん張り所だ!と言い聞かせ耐える。
自分からレースを仕掛ける余裕はなく、ペースを合わせるのが精一杯・・・。ラストラップに入り、開幕戦でも争ったキャノンデールの山本和選手と3位争いに。ラスト2kmで自分が前に出てレースを引っ張るが、リフト下の直登を登り切る僅か数十メートルの所でペースアップされ、着いていくことが出来ずに勝負あり・・・。4位でフィニッシュした。

 完全な力勝負での敗北。表彰台に上がれない悔しさはあるが、自分の力すべてを出し切った。レース中に感じたこと、終わって気付くこと、すべてをしっかりと受け止め次に進んでいくしかない。まだまだ登りでのダンシング技術が足りないし、緩急ある走りを仕掛けなくてはならない。勝負所でしっかりと対応できるように、トレーニングメニューを見直す必要もある。専属のトレーニングコーチがいない状況の中、方向性を見失わず自分でしっかりと計画プランを立て直し、再スタートをしたい。次戦こそ、笑顔で終われるレースにしたいと思う。たくさんの応援、サポート本当にありがとうございました。

【レース結果】
1.山本幸平 長野県/チームブリヂストン・アンカー
2.平野星矢 長野県/チームブリヂストン・アンカー
3.山本和弘 東京都/キャノンデールレーシングチーム
4.斉藤 亮 長野県/チーム コラテック
5.小野寺健 京都府/TEAM SPECIALIZED
6.松本 駿  長野県/TREK

【使用機材】
バイク:CORRATEC / R.V CARBON 2011
フォーク:ROCK SHOX SID WORLD CUP
ハンドル:CONTROL TECH/ Comp MT 28 CB
ステム:CONTROL TECH/ Estro MTX 110mm
シートポスト:CONTROL TECH/ M-Post
サドル:fi'zi:k ARIONE
ホイル:SHIMANO XTR/WH-M985
タイヤ:IRC / MYTHOS XC/ TUBELESS 2.10
シューズ:MAVIC/ ALTIUM FURY
ペダル:SHIMANO PD-M980
サングラス:adidas/ evil eye halfrim pro /クリスタルSグラデーション
ヘルメット:OGK REDIMOS(トレースイエロー)
ケミカル:HOLMENKOL
[PR]

by cycle-sports | 2011-06-07 18:15 | レース情報  

<< 斉藤亮選手 J2木島平 優勝!! 美山ロード 斉藤選手が2位入賞 >>