真鍋選手 東日本ロードクラシック石川大会 2位表彰台獲得!

c0208048_11591499.jpg

7月17日に開催されました東日本ロードクラシック石川大会において、FOCUS IZALCOを駆るマトリックスパワータグの真鍋和幸選手が2位に入り今シーズン初の表彰台に上がりました。

厳しいコースで知られる石川ロード。
今回は当日に石川町観測史上最高気温の37.1℃を記録する暑さにも見舞われました。
しかし、大震災で被害を受けながらも早々に開催決定し、準備に奔走された地元関係者の皆様のご努力に報いるべく、結果はもちろんのこと良い走りを魅せられるようなことが今大会では重要と考えました。

レースは人数に勝るシマノや宇都宮ブリッツェンが先頭集団を形成、優位に展開していきます。
メイン集団は暑さもありペースがあまり上がらないものの、着実に体力は消耗していき、水分補給をいつも以上にしっかりと摂っていきます。
そして、メイン集団が一気にペースアップ、先頭集団とのタイム差が1分となったところで集団から西薗選手(シマノ)が単独でアタックし一気に先頭集団へ合流、メイン集団は15名ほどとなりここに真鍋選手のみが入ります。
ラスト1周に入るところでは西薗選手を40秒差で11名が追撃する展開となりました。
11名からはJPTリーダージャージを着用する増田選手(宇都宮ブリッツェン)がアタック、ここに畑中選手(シマノ)奈良選手(ボンシャンス飯田)が合流し3名の追走集団が形成、真鍋選手は少し遅れてラストの上りへ入ります。
3名はアタックを繰り返しながら残り1kmへ。ここで真鍋選手が3名に追い付き、すかさずカウンターアタックを決めます。
さらに20秒先行していた西薗選手へもどんどん迫りラスト200mへ!
観客もどよめきながらゴールへ入りますが、わずか1秒届かず2位でした。。。
しかしラストの攻防はかなり見ごたえのあるもので、恥ずかしながら鳥肌が立ちました。
終盤で遅れてしまった永良選手も粘り完走、このレースは完走率が低く完走することにも価値があります。(今回も91名出走、28名が完走)

残念ながら表彰台の頂上へは届きませんでしたが、気迫の走りで2位に入った今回のレース。
シーズン後半へ向けてチーム全体の士気が上がるレースとなりました。
またポーランドに帰国中にマリウス・ヴィズィアック選手より連絡が入り、7月末にポーランドで開催されるステージレース「Mazovia Tour」(UCI2-2)にポーランドナショナルチームとして出場が決まったとの事です。

シーズン後半戦、この勢いでしっかりと巻き返して行きたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します。

なお詳細なレースレポートもチームサイトにてご覧下さい。
http://team-matrix.jp/report2011/archives/237#more-237

レポート:UCIコンチネンタルサイクリングチーム マトリックスパワータグ
マネージャー 松村 拓紀

http://www.matrix-inc.co.jp 株式会社マトリックスHP
http://team-matrix.powertag.jp/ マトリックスパワータグHP
http://matrix-sports.jp/ マトリックススポーツHP
[PR]

by cycle-sports | 2011-07-22 11:53 | レース情報  

<< 斉藤 亮選手 ジャパンシリーズ... 全日本マウンテンバイク選手権 ... >>