斉藤 亮選手 ジャパンシリーズ第4戦 白馬 レースレポート

c0208048_1592283.jpg


JCFジャパンシリーズ第4戦 白馬スノーハープ レースレポート

チームコラテック 斉藤 亮

大会名:2011白馬チャレンジ・マウンテンバイク大会
期日:2011年7月31日(日)
会場:白馬スノーハープ
天気・気温:曇・27℃
競技種目:男子エリート 5.6km×5周回
レース結果:4位
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全日本選手権から2週間開いての今回のJシリーズ#4白馬スノーハープ。自分の体調と体をケアするには十分な時間があり、心身ともに準備も万端。この2週間の間に劇的に調子が良くなるとは考えていないが、今自分に出来る最大の準備をしてレースに向けアプローチをしていった。
ここ白馬村はXCスキー選手時代にも毎年訪れる場所。長野オリンピックが行われた事でも有名な「HAKUBA」。いつも宿泊する常宿は冬場しか泊まった事がなかったが、真夏に泊まる感じはいつもと違ってとても新鮮だ。レース数日前から雨が降り続く。日中は晴れていても夕方から大雨に変わったり、とても気まぐれな天気。レース当日も降ったり止んだりを繰り返す。
マッドコンディション(泥レース)になるのは覚悟していたので、タイヤ選択、バイクコーティング、チェーンオイル、防水・・・など、様々な泥雨対策を実行した。しかし、最後の最後までタイヤ選択には悩んだ。冒険し勝負にでるのか、それとも確実なチョイスをするのか。悩んだ結果、後者を選ぶ。
男子エリートのスタートは14時。号砲と共にタイミングの良いスタートを切る。ここ最近はイマイチ調子が上がり切らなかったので、積極的に先頭でレースを進める。消極的なレースをしてしまえば、次に繋がるステップが見えてこない。若干無理をしてでも強気の姿勢でプッシュする。シングルトラックはもう田んぼ状態。かなり掘れていて乗車できないので担いだり走ったりを繰り返す。
1周目を6名のパックで通過し、2周目へ。ジープロード、芝生もかなりスリッピー。集中力が欠けたら間違いなく転倒する。このような悪天候になるとテクニックの差が歴然となる。泥でスピードのでないコースは地脚勝負になる。3周目、スペシャライズド小野寺選手がパックから抜け出す形で単独で先頭に。それをキャノンデール山本選手、ブリヂストン辻浦選手と自分の3名が追いかける展開。パックではそれぞれ自分の得意パートでは積極的に前を引っ張り、小野寺選手を追いかける。下りで致命的なミスをしない走りを心掛け、登りはマイペースで走る。
4周目、泥詰まりでフロントディレーラーがおかしい。うまく変速ができない。無理に変速するとチェーンを落としてしまう。細かいミスやトラブルの間に少しずつパックから離され始める。ここで離されたら終わってしまう。必死で前を追い掛けるが、追い付きそうな僅かな距離が詰らない・・・。最終ラップ、単独で前を追い掛ける。悪条件では集中力を切らしたら即終了してしまう。最後まで何があるか分からない。前に追い付けない悔しい気持ちと、久しぶりに追い込めている感触を味わいながらゴールに辿り着く。結果4位。残念だけど表彰台へは届かなかった。地元の方々の声援を力に変える事が出来ずに申し訳ない気持ちと悔しさが残る。Jシリーズも残すは2戦。しばらく期間は開くが、しっかりとした休養をした上で今後のトレーニングや方向性を考えていきたいと思う。自分に何が優れていて、何が足りないのかは理解している。失敗し、反省し、そして工夫をしていく。向上心がある限り、高い目標に向け日々努力していくだけ。まだまだ自分の力はこんなもんじゃないと言い聞かせ、努力の成果を実らせたい。
チームスタッフを始め、サポートして頂いたスポンサーの皆さん、応援して頂いている皆さん、本当にありがとうございます。シーズン後半戦に向けて更に飛躍していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


【レース結果】
1. 小野寺健 京都府/TEAM SPECIALIZED
2. 山本和弘 東京都/キャノンデールレーシングチーム
3. 辻浦圭一 長野県/チームブリヂストン・アンカー
4. 斉藤 亮 長野県/チーム コラテック
5. 千田 尚孝 愛知県/KHS-JAPAN
6. Na Sanghoon 韓国/TEAM BICLO


【使用機材】
バイク:CORRATEC / R.V CARBON 2011
フォーク:ROCK SHOX SID WORLD CUP
ハンドル:CONTROL TECH/ Comp MT 28 CB
ステム:CONTROL TECH/ Estro MTX 110mm
シートポスト:CONTROL TECH/ M-Post
サドル:fi'zi:k ARIONE
ホイル:SHIMANO XTR/WH-M985
タイヤ:IRC / SERAC XC/ TUBELESS 1.95
シューズ:MAVIC/ ALTIUM FURY
ペダル:SHIMANO PD-M980
サングラス:adidas/ evil eye halfrim pro /クリスタルSグラデーション
ヘルメット:OGK REDIMOS(パールホワイト)
ケミカル:HOLMENKOL
メーター:POLAR RS800CX
[PR]

by cycle-sports | 2011-08-02 15:12 | レース情報  

<< 2012年NEWモデル cor... 真鍋選手 東日本ロードクラシッ... >>