シマノ鈴鹿国際ロード、マリウス選手5位入賞!

c0208048_20531516.jpg


真夏の祭典シマノ鈴鹿国際ロードにおいて、マリウス選手が5位に入りました。
シマノ鈴鹿ロードでは5年連続で入賞となります。

レース当日は昼前から気温が上がり例年通りの厳しい暑さの中でのレースとなりました。
マトリックスは、3日前に再来日したマリウス選手をあわせ今季初の10名フルエントリーでの参戦、先頭集団には必ず複数名入り、最後はマリウス、向川でのスプリント勝負という形で臨みます。
レースには国内トップチームはもちろん、海外招待選手としてツールドフランスで敢闘賞を獲得したジェレミー・ロワ(FDJ)が参戦、ハイレベルなレース展開が予想されました。
スタート直後からの激しいアタック合戦を経て、中盤過ぎに形成された13名の先頭集団にマリウス、永良選手が入りチームとしては理想的な展開となります。

また万が一に備えメイン集団でもアイサンチームとともにマトリックスがコントロールします。
しかし先頭集団の逃げは決定的となりラスト2周から、ゴールに向けた激しいアタック合戦が開始されました。
ここで永良選手を含む数名が脱落、さらにシマノは波状攻撃をしかけていきます。
最後はジェレミーロワのアタックをきっかけに3名が先行、畑中選手が最後に鋭いスプリントをみせてホストチームとして久々の優勝を飾りました。
マリウス選手は3名に反応できず、4位争いのスプリントで2着に入り5位でした。

また12位争いとなったメイン集団は、向川のスプリントで勝負すべくトレインを形成、向川は集団の2着となり13位でした。

詳細なレポートはチームサイトをご覧下さい。

http://team-matrix.jp/report2011/archives/356#more-356#menu

今後の予定としては、
今週末の全日本実業団トラック(関西CSC)、都道府県ロード、実業団加東ロードを経てシーズン最大の目標、ツールド北海道へ臨みます。
[PR]

by cycle-sports | 2011-09-01 20:39 | レース情報  

<< 山下選手ツール・ド・北海道第2... 日本食研 佐藤選手 トライアス... >>