斉藤亮選手 ジャパンシリーズ第6戦 瀬女 レースレポート

c0208048_19274868.jpg


JCFジャパンシリーズ第6戦 石川県瀬女 レースレポート

チームコラテック 斉藤 亮

大会名:2011年JCFマウンテンバイクジャパンシリーズ第6戦 白山瀬女高原大会
期日:2011年10月9日(日)
会場:白山瀬女高原スキー場 UCI/JCF公認MTBコース
天気・気温:晴・19℃
競技種目:男子エリート 6.0km×6周回
レース結果:3位
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
短いようで長く、長いようで短かったシーズンもいよいよ今回がファイナル。シーズンの中盤は走りと気持ちが全く噛み合わず、苦悩の日々を過ごした。焦らずにやるべき事、やらなければいけない事をシンプルに考え、気持ちを立て直す。本来の自分らしさってなに?と考えると、明確に見えてくる。苦しみ悩み続けた日々も無駄じゃない。そう思うとレースが楽しく思えるようになった。前回のシリーズ5戦目の富士見では自分なりに良い手応えを得ていたので、最終戦の瀬女大会では勝つ走りをイメージして調整を行った。
レース2日前に会場入りし、コース試走をしながらバイクセッティング、タイヤ選択に時間を費やした。今回はフルサスのバイクでの参戦。瀬女の荒れたオフロードコースにはフルサスバイクの方がメリットが多く速い。それは昨年のレースで経験していること。コースは平坦基調のコースではあるが、テクニカルセクションも数箇所あり、パワーとテクニックの両方が必要とされる。
男子エリートのスタートは14時。最前列の真ん中を選び号砲を待つ。良い反応でスタートダッシュが決まり、3番手で最初の登りに入る。消極的になり過ぎず・・・オーバーペースにならないよう・・・しっかりと考えレースを進めて行く。1周目は8名程のパックで2周目へ。2周目の最初の登りで小野寺選手(SPECIALIZED)が一気にペースアップ。これに反応したのは自分だけ。シリーズ3連勝中の彼を今回も独走させる訳にはいかない。必死で後を追う。オーバーペースになりそうなギリギリの範囲でペダルに力を込めていく。テクニカルセクションでのちょっとしたミスで徐々に差が開きはじめる。
3周目を単独2位で通過し4周目へ。トップとは1分程の差。最後まで何があるかわからない。それがレース。前だけを見てプッシュし続けた。弱い自分が出ないよう気持ちだけはしっかり持って。5周目に山本和選手(キャノンデール)が追い付いて来た。やはり想像していた通り、現在のシリーズランキング上位3名での優勝争いになりそうだ。抜いたり、抜かれたりを繰り返しながら山本選手と協調し合いファイナルラップへ。
先頭との差は1分前後を推移しているが、思いの外差が詰っていかない。泣いても笑ってもこれが最終戦。最後の最後まで諦めず、すべての力を出し切るように粘った。持てる体力、持てる技術のすべてをぶつけて最後まで走り抜いた。結果は3位。狙っていただけに3位という順位は正直悔しい・・・。しかし温かく向かい入れてくれたスタッフの笑顔を見ると、自然と笑みが出てくる。
悔しい時も嬉しい時も一緒に戦い、支えてくれたスタッフ、スポンサーの皆さんが何よりも心の支えとなった。2011年のシリーズランキングは3位確定。昨年より1つアップ。しかし昨年とは比べ物にならないくらい充実したシーズンだった。国内ベースに戦う自分にとって、海外を主戦場に戦う選手と競い合うのはとても刺激的に感じる。国内でもやれることは沢山ある。まだまだレースでの課題は多いが伸びしろはあると思う。今シーズン最後のレースは優勝で締めくくりたかったが、まだ実力が足りなかったのも事実。
このオフシーズンにしっかりと反省し、来期への課題を明確にしていきたい。チームスタッフを始めとする、多くのスポンサー様方、家族、友人、ファンの方々、本当に応援ありがとうございました。

【レース結果】
1. 小野寺健 京都府/TEAM SPECIALIZED
2. 山本和弘 東京都/キャノンデールレーシングチーム
3. 斉藤 亮  長野県/チーム コラテック
4. 竹之内悠 京都府/Team Eurasia-Fondriest Bikes
5. 沢田 時  滋賀県/HARO/ENDLESS/ProRide
6. 平野星矢 長野県/チームブリヂストン・アンカー

【使用機材】
バイク:CORRATEC / AIR TECH WORLD CUP
フォーク:ROCK SHOX SID WORLD CUP
ハンドル:CONTROL TECH/ Comp MT 28 CB
ステム:CONTROL TECH/ Estro MTX 110mm
シートポスト:CONTROL TECH/ M-Post
サドル:fi'zi:k ARIONE
ホイル:SHIMANO XTR/WH-M985
タイヤ:IRC / MYTHOS XC/ TUBELESS 2.10
シューズ:MAVIC/ ALTIUM FURY
ペダル:SHIMANO PD-M980
サングラス:adidas/ evil eye halfrim pro /クリスタルSグラデーション
ヘルメット:OGK REDIMOS(パールホワイト)
[PR]

by cycle-sports | 2011-10-14 19:29 | レース情報  

<< TOKYO エンデューロ Ba... サイクルモード2011 東京会... >>