トライアスロン ITUワールドカップ 石垣大会レポート

4月22日に開催されましたワールドカップ石垣大会に日本食研実業団トライアスロン部の佐藤選手と川島選手が出場しました。
佐藤選手は、スイムで出遅れましたがバイクでメイン集団に入る事ができ、得意のランで追い上げ自己最高となる10位に入りました。
しかし、日本人トップの山本選手(9位)にあと一歩及びませんでした。
川島選手は得意のスイムで1周目を先頭で通過し、バイクも先頭集団で展開しますが、脚の故障の影響によりランが伸びずに27位となりました。
c0208048_17125071.jpg


佐藤選手のレポート
日  時  2012年4月22日(日)15:45スタート
場  所  沖縄県石垣市
スイム:750M×2周回、バイク6km×7周回、ラン3.3km×3周回
目  標  8位以内(日本人トップ)
結  果  10位 1:50:50(日本人6人中2位、ITUポイント247p獲得)

使用機材
バイク:     コラテック R.T. CARBON WHITE/RED 
ホイール:    HED.STINGER4
タイヤ:     Vittoria CORSA EVO SLICKⅡ
ウェア:     2XU FUSION TRISUIT
ヘルメット:   OGK KABUTO REDIMOS オリジナルチームカラー
ボトルゲージ:  OGK KABUTO RC11 グラフィック
サングラス:   adidas evil eye halfrim pro S マットホワイトキャラメル
レンズ:     LSTアクティブG
     
いつもご支援を頂き、誠にありがとうございます。
オリンピックの最終選考大会となるWTSマドリード大会上位への出場を可能にする為、上位入賞を目標に出場して参りました。上位に入る為にはスイムで大きく出遅れない事と、バイクの出だしで遅れずにメイン集団に入る事が絶対条件ですので、特にスイムとバイクの序盤に集中してレースに挑みました。
スイムはスタート直後から左右選手の当たりに負けてしまい、後ろに下がってしまいました。横一列の中で後ろに下がるという事は限りなく最下位に近い位置からのスタートとなります。最後方に下がってしまいましたが、離されずに食らい付く事と少しでも順位を上げて行くように集中致しました。途中で何度か前との差が開いてしまう時がありましたので、キックとピッチを上げて前に詰めるようペースを上げました。2周目に入って最初のブイを回った後にやや前と開いたのが分かりましたが、ここで遅れたらいつもと一緒になってしまうと自分に言い聞かせ、長時間ペースを上げて何とか集団内に踏みとどまる事ができました。   
先頭からは58秒差の40位でスイムをフィニッシュしバイクへと移りました。先頭とはかなり差が開きましたが、周りに選手が揃っていましたので、サザンゲートブリッジの最初の上り坂とUターン後の立ち上がりで遅れないようにと気を引き締め、集団内に落ち着く事ができました。そこから前集団を吸収していき残り15kmで先頭集団に追い付く事ができました。ラスト2周で5人の選手が抜け出しますが、最後のラン勝負と読み、トランジットで如何に前方の位置で入るかに意識を集中致しました。
中盤よりやや前方でトランジットを終える事ができました。最初の上り坂から実力者のハス選手が抜け出しますが、その後に続く集団を目標にして前を追い、1周目の後半で集団に追い付く事ができました。何れの選手もワールドカップ優勝経験者や大陸別選手権優勝者など強豪選手との並走に気持ちも高まりました。途中、何度か集団内で楽に走れる時もあったのですが、アップダウンで体力を消耗し、特に下りで何度も離されては平地で追い付くという繰り返しで、ラスト1周の時点では体力が残っていませんでした。最後のアップダウンで付いていく事ができず、単独8位を走る展開となりました。2名に抜かれますが、バイクで逃げていた山本選手の背中が大きく見えてきました。日本人トップを狙い最後まで力を振り絞りましたがあと一歩及ばずに10位でのフィニッシュとなりました。
 今回の結果により、ITUポイント247p獲得でき、オリンピックの最終選考大会のマドリードへのエントリーの可能性が高くなりました。ワールドッカップ以上にレベルが高く厳しいレースになりますが、今回のようにスイム、バイクと良い流れに乗ってラン勝負に持ち込められれば十分に戦えると感じています。WTSに向けて特に重要となりますスイムで出遅れないよう、残された練習を大切に取り組んで参ります。今後ともご支援を頂きますよう宜しくお願い致します。
c0208048_17152743.jpg

[PR]

by cycle-sports | 2012-04-26 17:19 | レース情報  

<< 鈴鹿8時間エンデューロ春SPで... コンフォートロード FOCUS... >>