﨑本智子選手 ITUアジアカップ大阪大会 優勝!!

7月8日(日)に大阪府大阪市舞州スポーツアイランドで開催されましたITUアジアカップ大阪大会にFOCUS CAYO 1.0を使用する﨑本智子選手が見事優勝を飾りました。
c0208048_15293434.jpg

2012年 ITU アジアカップ大阪舞州大会 﨑本智子選手レポート

日  時 7月8日(日)12時30分スタート
場  所 舞洲(大阪)
天  候 晴れ・ウェットスーツなし
結  果 優勝
使用機材 FOCUS CAYO 1.0

大阪舞洲アジア兼ジャパンカップに出場をさせていただき有難うございました。レース当日は、風が気持ちよく感じる晴れた空の下、スタートしました。 エリートレースでは、珍しいフローティングスタートだった為、特にスタート音に気を付けて、反応良くスタートしました。その考えがスタートに活きて、スイムは終始トップでバイクへ入りました。
バイクでは7周回あるうちの1周半を一人で逃げ、攻めていきました。8名の先頭集団では、登りの橋では、前を攻めるように走り、下りでは、力を抜いて走り、メリハリつけるように考えました。
ランニングに入り、焦らないことだけをポイントにして、淡々とトップでスタートしました。焦らない気持ちを持てたことは、これまでの失敗の経験から学ぶことができました。レースがスタートしてから、徐々に暑さもまして、厳しい展開になりましたが、優勝するためにはと冷静に考えていけたことが良かったです。
オリンピック最終選考レースを終えて、オリンピックという目標に向けて人の力をもらい、突き進んできた失敗は、自分ではわからないダメージを受け、人としての心を失くしていきました。少しでも心を変えようと山の中のお寺へ行き、山の奥の自然や人に出会い、少し自分を見つめていけるようになっていると思います。今後も、競技者としても、精神的に成長させ、落ち着いて対応していけるように努めます。
今後は、7月22日(日)ハンブルグ世界スプリント選手権(スイム750m、バイク20㎞、ラン5㎞)に出場させていただきます。
c0208048_153266.jpg

[PR]

by cycle-sports | 2012-07-12 15:32 | レース情報  

<< 日本食研 佐藤選手、川島選手が... BOTTECCHIA SUPE... >>