チーム マトリックス 窪木選手 総合3位! ツール・ド・北海道 第3ステージ レポート

ツールド北海道
第3ステージ 

c0208048_20282223.jpg

photo by Hideaki TAKAGI
日付:2012年9月17日(月)
コース:美瑛町丸山公園~札幌市モエレ沼公園 
距離:198.6kmロードレース 
天候:曇りのち晴れ 気温27℃
出走選手:4名 ヴィズィアック・マリウス、窪木一茂、安原大貴、池部壮太

第3ステージはKOMが2回、HSが2回。
距離の一番長いステージ、窪木の総合を上げるためには2回のHSがかなり重要。
総合3位の増田選手とは3秒差、総合2位の西薗選手とは5秒差、総合1位リケーゼ選手とは15秒差。

第2ステージ終了後、チームにとって衝撃の審判が下される。
事後審判を受け、向川が失格に。レース降板を余儀なくされる。
最終の戦闘体制を前に1名を欠き、厳しい事態となったが、残る4名が心ひとつで戦う。

朝強く降っていた雨はスタート時には止み、路面はややウェットな状態でのスタート。
集団はバーチャルリーダーのリケーゼを守るNIPPOが、マトリックスと協調してコントール。
アタックを一切許さない鉄壁を維持する。
この状態はレース後半まで続く。

1回目KOM
ハミルトン・ニック(ジェリーベリー・サイクリング)
井上和郎(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
マーティン・マキシム(OCBCシンガポール)
清水都貴(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)

重要なHS1回目。マリウスの絶妙なアシスト経て、窪木が獲りタイム3秒を獲得、総合3位に並ぶ!
総合2位の西薗選手も1秒獲得、その差3秒。

1回目HS
窪木一茂(マトリックスパワータグ) 3秒
リケーゼ・マッシミリアーノ(チームNIPPO) 2秒
西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)1秒

集団は依然ひとつ。NIPPO、マトリックス、ジェリーベリーが加わりコントロール。
やがて2回目のKOMへ

2回目KOM
ハルムラトフ・ムラジャン(ウズベエキスタン・ナショナルチーム)
ハミルトン・ニック(ジェリーベリー・サイクリング)
井上和郎(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
佐野淳哉(チームNIPPO)

山岳賞総合はハミルトン・ニックが決める。
集団はまたひとつ。いよいよ終盤、2回目のHSへ。
幾度か清水(アンカー)がアタックを見せるが吸収。
2回目のHPも完璧な集団コントロールにより窪木が獲り3秒獲得!
しかし西薗選手も1秒獲得、その差1秒へ。
残るはゴール勝負!
窪木は3着内のボーナスタイムで個人総合2位へ浮上ができる。

2回目HS
窪木一茂(マトリックスパワータグ) 3秒
リケーゼ・マッシミリアーノ(チームNIPPO) 2秒
西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)1秒

HSを通過し残り20kmほど。集団は活性し始めペースが上がる。
一列棒状でアタックが頻繁にかかるが、NIPPOとマトリックスで吸収。
長丁場の集団コントロールでNIPPO、マトリックス共にアシストがいない状態。
マトリックスは窪木に全てを託す。
アタックが決まらないまま残り2kmを通過、いよいよゴールスプリント体制へ。

ゴールスプリントが始まり、ライン手前からリケーゼが抜けてくる。
後ろ数名、窪木が見える、アンカーのジャージは見えない。
次に、ハミルトンが抜けている、窪木は3位に入りそう・・・
直前で窪木をかわしてきたのは、小室雅成(キャノンデール・スペースゼロポイント)
窪木は惜しい4着。西薗選手は集団ゴールで同タイム、窪木は総合3位!

ここまでこれば総合2位まで上げたいところではあったが、終わってみれば総合3位の表彰台!!
チーム一丸で戦い獲った大きな成果は、心から称え合い喜び合える結果だった。


【第3ステージ結果】
◆第3ステージ区間順位
1位 4:38’32″ リケーゼ マッシミリアーノ(チームNIPPO)
2位 4:38’32″ ハミルトン ニック(ジェリーベリー・サイクリング)
3位 4:38’32″ 小室 雅成(キャノンデール・スペースゼロポイント)
4位 4:38’32″ 窪木 一茂(マトリックス パワータグ)
5位 4:38’32″ 廣瀬 佳正(宇都宮ブリッツェン)

◆個人総合順位
1位 12:34’49″ リケーゼ マッシミリアーノ(チームNIPPO)
2位 12:35’11″ 西薗 良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
3位 12:35’12″ 窪木 一茂(マトリックス パワータグ)
4位 12:35’15″ 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)
5位 12:35’18″ ハミルトン ニック(ジェリーベリー・サイクリング)

◆個人総合ポイント賞
1位 76pt リケーゼ マッシミリアーノ(チームNIPPO)
2位 41pt 窪木一茂(マトリックス パワータグ)
3位 38pt ハミルトン ニック(ジェリーベリー・サイクリング)

◆個人総合山岳賞
1位 21pt ハミルトン ニック(ジェリーベリー・サイクリング)
2位 15pt 井上 和郎(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
3位 9pt 窪木 一茂(マトリックス パワータグ)
c0208048_20284696.jpg

photo by Hideaki TAKAGI
c0208048_20292231.jpg

photo by Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2012-10-01 20:30 | レース情報  

<< マトリックス マリウス選手 経... チーム マトリックス パワータ... >>