好調マトリックス マリウス選手 美浜クリテ優勝!

10月14日(日)に開催されました「JBCF 知多半島・美浜クリテリウム」にて、FOCUS IZALCO TEAMを駆るマトリックス パワータグのマリウス・ヴィズィアック選手が経済産業大臣旗ロードに続き見事優勝を飾りました。
c0208048_10304278.jpg

photo_Hideaki.TAKAGI
以下、レポートをお届けします。

JBCF 知多半島・美浜クリテリウム
Jプロツアー第16戦 

日付:2012年10月14日(日)
開催地:愛知県知多郡三浜町 周回コース(1周3.75km)
距離:95分+2周(結果:21周 78.75km)
天候:晴れ 気温24℃
出走選手:6名 向川尚樹、マリウス・ヴィズィアック、窪木一茂、小牧祐也、安原大貴、池部壮太


Jプロツアーでは初開催のレース。いよいよ終盤となり、強豪チームのメンバーも揃ってきている。
コースはクリテリウムには長い3.75kmで、4箇所の直角コーナーに緩やかなアップダウンを含む。
1周回のラップタイムは5分が目安。予想では20~21周、距離80km弱。
5・10・15周回目にはポイント賞(地元賞)が設けられている。

ツアーも残り2戦となり、今シーズンの結果をチームとしてどう残すか。
監督からの定める目的目標を改めて確認し、レースへ臨む。

当日は爽やかな秋晴れ、やや汗ばむ気持ちよい天候となった。

ローリングで緩やかなスタートだが、幅狭い区間やアクシデントもあり、出走110名の後方はすでにバラけ始める。
マトリックスは集団前方に位置して周回を重ねる。
10分経過、4周回完了あたりから徐々に集団のペースが上がり始める。
各チームがアタックをかけて様子を見ている。マトリックスも、小牧、大貴、池部が前方で動く。
1回目のポイント賞は、栂尾大知(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)が獲った。

ポイント周回後にアタックがかかり、集団のペースが上がる。ラップタイムは4分52秒。
マリウス、小牧を含む12名が先行するが、吸収。変わって窪木を含む3名の逃げが始まる。

窪木一茂(マトリックスパワータグ)
飯野智行(宇都宮ブリッツェン)
平塚善光(シマノレーシング)

この逃げは40分経過9周目から70分経過14周目まで続き、一時は集団との差1分まで開く。
集団はラバネロやシマノが前方を固めてコントロール。
2回目のポイント賞は窪木が獲った。

13周回あたりから、cannondele spacezoropoint が前方を固め先頭を追い始める。
集団のペースは一気に上がり、14周回目には窪木ら3名は吸収。
吸収とともにカウンターアタックの応酬となり、集団は更に活性。
ハイペースのまま3回目のポイント賞を、青柳憲輝(シマノレーシング)が獲る。
ラップタイムは4分42秒。

アタック⇔吸収を繰り返しながら90分が経過、いよいよレース後半。
集団は活性し続けたまま依然ハイペース。力尽きた選手が落ちていき、集団は60名ほど。
マトリックスも向川、マリウス、窪木が前方で動く。

やがて向川を含む4名が抜け先行、続く追走から前方14名に。ここに窪木も入るがマリウスは後方。
95分が経過、残り2周回。後方からマリウスら追走が前方につき、やがて集団はひとつに。
ラストへ向け、アタック合戦が始まる。

アタックが決まらないまま集団で21周目のラスト周回、ゴールスプリントへの体制へ入る。
最終コーナーからの直線に入り、真っ先にしかけたのは窪木、マリウスを誘導する。
マリウスがラストスパートを開始、集団もそれを追い一斉にスプリントが始まる。
やや長いかと思われるスプリント、後方から廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン)が迫る。
マリウスに廣瀬が届いた瞬間のゴール!僅差でマリウスが押し切り、優勝を決めた!!

マリウスはチームにとっても非常に嬉しい、今期Jプロツアー2勝目!
大貴もピュアホワイトジャージを守っている。
残るは最終戦の輪島、シーズンを総括できる走りで臨みます。
c0208048_10321271.jpg

photo_Hideaki.TAKAGI
【順位】
1位 マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)1時間46分05秒(44.53km/h)
2位 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン)
3位 畑中勇介(シマノレーシング)
4位 黒岩信允(VAX RACING)
5位 辻善光(Team UKYO)
6位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)
7位 長野耕治(Team MASSA-ANDEX)+01秒
8位 小畑郁(なるしまフレンドレーシングチーム)
9位 小室雅成(cannondele spacezoropoint)
10位 鈴木近成(ボンシャンス飯田JPT)
23位 窪木一茂(マトリックスパワータグ)
37位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
40位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
45位 小牧祐也(マトリックスパワータグ)
63位 池部壮太(マトリックスパワータグ)
c0208048_10324211.jpg

photo_Hideaki.TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2012-10-17 19:00 | レース情報  

<< 日本食研 佐藤選手 ぎふ清流国... サイクルモード2012 東京会... >>