日本食研 佐藤選手 ぎふ清流国体優勝!

10月7日(日)に開催されました「ぎふ清流国体」において、corratec R.T.CARBONを駆る佐藤選手(日本食研トライアスロン部)が見事優勝を飾りました。
c0208048_10493250.jpg

以下、レポートをお届けします。
日  時  2012年10月7日(土)9:30スタート
場  所  岐阜県海津市(国営木曽三川公園 長良川サービスセンター 長良川特設会場)
(スイム:750M×2周回、バイク10km×4周回、ラン2.5km×4周回)
目  標  優勝
結  果  優勝 1:54:23
使用機材  バイク:     コラテック R.T. カーボンWHITE/RED
ホイール:    HED.STINGER4 
タイヤ:     Vittoria CORSA EVO SC
ウェア:     2XU FUSION TRISUITS
キャップ:    2XU RUNCAP BLU/WHT
ヘルメット:   KABUTO REDIMOS オリジナルチームカラー
ボトルゲージ:  KABUTO RC11 グラフィック
サングラス:   adidas evil eye halfrim pro S シャイニーホワイトレッド
レンズ:     adidas LST Polarized
     
3度目の出場となりました国民体育大会におきまして、2009年の新潟国体以来二度目の優勝を果たす事ができました。レース前の体調はあまり良くなく、少し練習を行うと熱が上がってしまう状態で万全な状態でスタート台に立つ事ができませんでした。また、ランの途中で何度か脚が攣ってしまう厳しいレース展開になりましたが、後続の選手を17秒差で振り切り、優勝を果たす事ができました。目標は優勝しかないという強い気持ちを持ち続ける事ができたのが大きな勝因であったと思います。今年の目標の一つを達成でき大変嬉しく思います。

スイムでは先頭の2名からは40秒程離されてしまましたが、マークしていた大阪代表の下村選手と一緒に上がる事ができ、バイクの強い下村選手と大きな遜色なくバイクの出だしを乗れた時点で先頭集団でのラン勝負はできるだろうと予測できました。2周回目の中盤で後ろから来た5名と合流し7名の第2集団を形成し、2周回目終盤で先頭の二人を吸収して目標通り先頭集団に上がる事ができました。集団内では後続集団を引き離す意思統一ができていたので、速いペースを維持しままバイクフィニッシュまで進みました。

ランでは若手の遠藤選手の飛び出しが良く、遠藤選手と共に2周回目に入りました。2周回目に入ってからは実力者の下村選手が2番手に上がってきました。ペースを上げようとすると何度も脚が攣りかけてしまい、2度立ち止まってストレッチを行わなければ走れない状態でした。15秒から20秒差がついていましたので、その差を一気に詰められないよう、立ち止まった後はペースを少し上げるのを意識しました。厳しい走りが続きましたが、何とかに逃げ切って優勝する事ができました。

レース前日のスイム公式練習ではスタートダッシュが上手くできていたのですが、レース本番ではスタート直後の動きが悪く次第に呼吸もきつくなり、ペースを上げ切れなかったのが課題です。今季あと2戦はウェットスーツでのスイムが予想されます。2大会ともスイムで出遅れると上位争いする事ができなくなってしまいますので、しっかりとシミュレーションしてスイムを好位置で上がり、世界トライアスロンシリーズ・オークランド大会では日本人トップ、日本トライアスロン選手権では優勝を目指し努力して参ります。今後ともご支援を頂きますよう宜しくお願い致します。
c0208048_10501446.jpg

c0208048_10503170.jpg

[PR]

by cycle-sports | 2012-10-17 19:10 | レース情報  

<< スズカ8時間エンデューロ秋SP... 好調マトリックス マリウス選手... >>