マトリックス 窪木選手 Jプロツアー 初勝利を飾る!

4月27日(土)群馬県利根郡みなかみ町の「群馬サイクルスポーツセンター」で開催されたJプロツアー第4戦「JBCF 群馬CSCロードレースDay-1」において、マトリックスパワータグの窪木一茂選手がJプロツアーでの初勝利を飾りました。(使用バイク:FOCUS IZALCO TEAM)

c0208048_16452423.jpg
photo:HideakiTAKAGI

以下、チームレポ―トです。

JBCF 群馬CSCロードレースDay-1
Jプロツアー第4戦 

日付:2013年4月27日(土)
開催地:群馬県利根郡みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター
距離:120km(6km × 20周回) 
天候:曇り 気温6℃
出走選手:8名 マリウス・ヴィズィアック、向川尚樹、安原大貴、窪木一茂、          池部壮太、小牧祐也、藤岡徹也、キム・ドヒョウング

先週に続きJプロツアー第4戦。
マトリックスは8名のフル人数で参戦。白浜を獲った勢いで、この群馬へ臨む。
このレースは前半からの逃げがそのまま決まることが多く、前半の動きには注意。
事前に各チームのチェックを念入りに行う。
またもや週末から天候は荒れ模様、春の気候から一変して冬型に逆戻り。
時折雪混じりの雨が降り、冷たい強風が吹く。
昼ごろに雨風は一時止み、陽がさしてきた。ほっとした状況でレースがスタート。
早々から単発的なアタックが続く。しかし都度チェックが入り、決まらない。
マトリックスも池部や大貴が前方でチェックに入る。
3周回を終えた頃から、陽が陰り、時折みぞれまじりの雨が落ちてくる。

8周回目、3名が抜け20秒ほどの差をつけて逃げ始める。集団は容認、徐々に差が広がっていく。
窪木一茂(マトリックスパワータグ)
澤田賢匠(cannondale championsystem)
高岡亮寛(イナーメ信濃山形)
c0208048_16542152.jpg
photo:HideakiTAKAGI

10周目、メインから伊藤雅和(AISAN Development Team U-26)が単独で追走をかける。
先頭3名とは50秒、メイン集団とは1分20秒。集団はまだ動かず、11周目には3分までひらく。

12周目、Team UKYOが土井や狩野などを中心に動きメイン集団は活性。
マトリックスもチェックをかけ前方へ。ペースが上がった集団は一挙に先頭との差を詰めてくる。

15周目にはその差1分20秒へ。メインから3名の飛び出しをきっかけに追走グループができる。
常にチェックをしていたマリウスもすかさず反応し、10名の追走グループ。
マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)
中村誠、普久原奨、鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)
ホセ・ヴィンセント、狩野智也(Team UKYO)
平塚吉光、福田真平(AISAN Development Team U-26)
紺野元汰(湘南ベルマーレ)
このメンバーは有力、勝負を絞る展開に土井も追走をかけ始めるがなかなか追いつかない。

16周目には窪木ら先頭3名を吸収し、先頭は13名。
メインは前方をTeam UKYOが固め、更に先頭との差が広がり17周目へ。
土井は追いつかない、先頭グループの逃げは決定的となってくる。
一方、先頭から平塚がアタック。
この動きでグループは活性、ホセが出る。即反応した窪木が追う。

残り2周、マリウスら後続とは徐々に差が開いていき50秒まで広がる。

ついにラスト周回、勝負はこの2名に絞られた・・・
先日のアジア戦トラックでも活躍を見せた窪木、スプリントはいける。
マトリックスは勝負を窪木に託す。
2人は牽制し合いながらラスト周回へ入っていく。
勝負どころと思われる最後の登りでも大きな動きはなく、そのままホームへ。
ゴールへ向け、2人が姿を見せる・・・
先に上がりその姿を見せたのは窪木、ゴールを見守る観客から歓声が上がる。
たくさんの窪木コールの中、スプリントが始まった。
ホセもスプリント、しかし、窪木のスピードは圧倒的。
圧巻のゴールスプリントで制し、優勝!
窪木はJプロツアー初勝利。 
マトリックスは前戦の白浜に続き、うれしい連勝!Jプロツアー2勝目をあげた。
c0208048_16492238.jpg
photo:HideakiTAKAGI


【順位】
1位 窪木一茂(マトリックスパワータグ) 3h07′25″
2位 ホセ・ヴィンセント(Team UKYO)  
3位 福田真平(AISAN Development Team U-26)+30″
4位 マリウス・ヴィズィアック(マトリックスパワータグ)
5位 中村誠(宇都宮ブリッツェン)
6位 狩野智也(Team UKYO)   +31″
20位 小牧祐也(マトリックスパワータグ)
32位 藤岡徹也(マトリックスパワータグ)
37位 キム・ドヒョウング(マトリックスパワータグ)
44位 池部壮太(マトリックスパワータグ)
64位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF 安原大貴(マトリックスパワータグ)

c0208048_16502258.jpg
photo:HideakiTAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2013-05-09 16:55 | レース情報  

<< CORRATEC クロスバイク... 「スズカ8時間エンデューロ春S... >>