ITUトライアスロンアジアカップ大阪 高濱邦晃選手レポート

2013年7月21日(日)に大阪府舞洲スポーツアイランド・夢州特設会場で開催されました「大阪国際トライアスロン舞洲大会(ITU トライアスロン アジアカップ 大阪)」にFOCUS IZALCO PROを駆る高濱邦晃選手(チームフォーカス・門司地産)が出場しました。
日本人3位となる総合5位入賞しました高濱選手のレポートをお届けします。

c0208048_9534759.jpg


選手:高濱邦晃 チームフォーカス・門司地産
場所:大阪府 舞洲
日時:7月21日(日)
天候:晴れ
結果:58分43秒  5位
距離:スイム750㎞(1周回) バイク20㎞(4周回) ラン5㎞(3周回)

レポート:
2013年のアジアカップ大阪大会は、スイム750m、バイク20㎞、ランニング5㎞で通常よりも距離の短いスプリントの距離で行われました。

スイム
 男子エリートスタートは、8時40分。朝とはいえ天気も良く、体感温度はかなり高く感じました。スタート後は通常よりも短い距離なので、選手全体的に勢いよく泳ぐスピードが速く感じ、参加選手も多かったので、750m泳ぐ間に自分の前後左右にずっと選手がいる感じでした。それでも、ブイを回るときに強引にインコースに入っていき順位を上げていきました。
 トップと約35秒差の23位でスイムを終えました。

バイク
 スイムを大集団で泳いでいたため、バイクを乗り始めても多くの選手が周りにいました。コースはコーナーを抜けてすぐに橋を登って降りて繰り返す、殆どまっすぐ走れる平地のないコースでした。
 バイクはコーナー、アップダウンを繰り返すので、すぐに集団がつまってしまい、後ろから来た集団も合流して20人以上の大集団になってしまいました。暑さもあってか、集団のペースもあまり上がりませんでした。

ラン
 バイク終了時に良い位置がとれず、かなり後方でトランジットエリアに入り、シューズを履くのに手間取り、ランニングを20位でスタート。
 スイムと同様に始めから全体的にペースが早いです。それでも、1周約1.7㎞の間に10人は抜かすことができました。最終週に3位の選手まで届きそうでしたが、前半の疲れの為、終盤失速してしました。4位でゴール付近まできましたが、ゴール手前で交わされ1秒差の5位でゴールしました。


※次回高濱選手のレース予定は、9月1日(日)新潟県佐渡市で開催されます「第17回 日本ロングディスタンス トライアスロン選手権 佐渡大会」となります。
ロングディスタンスも得意な高濱選手は、この大会で過去何度も2位に入賞しています。
狙うは優勝のみ。 高濱選手へのご声援宜しくお願い致します。
[PR]

by cycle-sports | 2013-07-02 06:23 | レース情報  

<< 日本食研トライアスロン部 平松... BOTTECCHIA WEAR... >>