マトリックスレースレポート ツアー・オブ・ジャパン 5st. 富士山

日本一の山「富士山 ふじあざみライン」を駆け上るツアー・オブ・ジャパンでもっとも過酷な山岳ステージのチームマトリックスパワータグのレポートをお届けします。

ツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1) 
第5ステージ富士山 

日付:2015年5月22日(金) ※全7ステージ 2015年5月17日(日)~5月24日(日)
開催地:静岡県駿東小山町須走 ふじあざみライン 
距離:11.4km(平均勾配10%、最大勾配22%) フィニッシュKOM1
天候:晴時々曇り 気温12-24℃
出走選手:6名 ベンジャミン・プラデス、アイラン・フェルナンデス、ホセ・ヴィセンテ・トリビオ、吉田隼人、安原大貴、向川尚樹
使用バイク:FOCUS IZALCO MAX

いよいよ富士山、例年これまでの保ちタイムはこの短いレースであっという間に覆される。
日本の山頂を獲るものがTOJを制すと言っても過言ではない。
これまであまり動きを見せなかったイラン勢、昨年の覇者タブリーズやヒシュガマンジャイアントが溜めているに違いない。
マトリックスはベンジャ、ホセの総合タイムは1分以内。ここで極力上位ゴールできれば総合を上げていける。

本日も晴天、くっきり見える富士山を前にスタートした。

スタートから急勾配のレースとは思えないほどのスタートアタックがかかる。
タブリーズ、ヒシュガマン、アヴァンティなどが前を固めガンガン引いている。既に一列棒状。
3km地点では集団が途切れ始め、15名が前に残った状態となった。
c0208048_1081889.jpg
ホセ選手
ここにホセが入る。
ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
ルカ・ピベルニク(ランプレ・メリダ)
ディディエール・チャパッロ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
ベンジャミン・ディボール(アヴァンティ レーシングチーム)
ガーデル・ミズバニ・イラナグ、ミルサマ・ポルセイェディゴラコール、アミ-ル・コラドゥーズハグ(タブリーズ ペトロケミカル チーム)
アミール・ザルガリ、ホセイン・アスカリ、ラヒーム・エマミ、アルヴィン・モアゼミ、ラミン・メフラバニアザル(ピシュガマン ジャイアント チーム)
トマ・ルバ、ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)
ダニエル・ホワイトハウス(チーム右京)

ヒシュガマンは5名、タブリーズ3名とやはり強烈なイラン勢色。
抜けても協調する様子がない。イラン2チームは協調してないどころか叩き合い状態。
ペースはおかしいほど緩むことなく猛烈なスピードで1列のまま。
やがて15名も引き千切れたような状態でばらばらに寸断されていった。

残り4km地点では既に先頭4名。しかし常に叩き合っており、千切れてはつき、ついてはアタックが止まらない。
タブリーズはミルサマ1名となり、ヒシュガマンのエマミ、アスカリ、メフラバニアザル3名で叩き合う。
後方からはベンジャが上がっていき、前方から落ちてきた選手を抜いていく。
c0208048_1091445.jpg
ベンジャミン選手
残り2kmを切ったあたりでエマミがアタック、単独先行に入る。
ペースが落ちないまま走りきり、後続22秒もの差をつけゴール。タイム38分27秒と大会記録を30秒も更新した。

マトリックスはホセ16位、ベンジャ17位と続いてゴール。しかしトップから3分ほども開けられた。

1~5位はイラン勢で1分10秒まで、そこから6位以下の他国選手には30秒も開いている。今年もイラン勢が脅威的な強さを見せつけた。
恒例の如く総合順位も一気に入れ替わった。
明日の伊豆も暴れること間違いなし、しっかり整えて臨む。

【監督のコメント】
前でゴールしてる上位のやつらが、みんなおんなじ顔やった。
c0208048_10114873.jpg
アイラン選手
c0208048_1013634.jpg
安原大貴選手
c0208048_10132443.jpg
吉田隼人選手
c0208048_1013466.jpg
向川尚樹選手

《ステージ結果》
1位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマン ジャイアント チーム)0:38'27
2位 ミルサマ・ポルセイェディゴラコール(タブリーズ ペトロケミカル チーム)+22"
3位 ホセイン・アスカリ(ピシュガマン ジャイアント チーム)+37"
4位 ラミン・メフラバニアザル(ピシュガマン ジャイアント チーム)+1'08"
5位 アミール・ザルガリ(ピシュガマン ジャイアント チーム)+1'10"
6位 ベンジャミン・ディボール(アヴァンティ レーシングチーム)+1'43"
16位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+2'58"
17位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)+3'11"
57位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+10'33"
68位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+12'38"
71位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+12'52"
84位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)+14'49"


《個人総合》
1位 ミルサマ・ポルセイェディゴラコール(タブリーズ ペトロケミカル チーム)10:33'32"
2位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマン ジャイアント チーム)+0'19"
3位 ホセイン・アスカリ(ピシュガマン ジャイアント チーム)+0'50"
12位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+3'12"
14位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)+3'15"
45位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+13'41"
83位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+40'14"
86位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+43'50"
88位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)+45'59"


《ポイント総合》
1位 フランシスコ・マンセボ(スカイダイヴ ドバイ プロサイクリングチーム)33p
8位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)25p
26位 ホセ・ヴィセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)6p

《山岳賞総合》
1位 ラヒーム・エマミ(ピシュガマン ジャイアント チーム)25p
20位 ベンジャミ・プラデス(マトリックスパワータグ)2p


photo by Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2015-06-10 10:14 | イベント・大会情報  

<< マトリックスレースレポート ツ... マトリックスレースレポート ツ... >>