「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:その他( 13 )

 

2015 カタログ訂正のお知らせ

 ◆◇◆ カタログ訂正のお知らせ◆◇◆

2015年モデルFOCUSカタログに誤りがございました。下記のとおり訂正させて
いただきますと同時に、深くお詫び申し上げます。


P.27 FOCUS IZALCO CHRONO MAX 説明文 最終行

誤)
また、ステムはトップチューブと水平になるTT用とアップライトなポジション
にできるトライアスロン用(オプション)の2種類を用意しています。

正)
また、ステムはアップライトなポジションのトライアスロン用(標準仕様)と
トップチューブと水平になるTT用(オプション)の2種類を用意しています。
[PR]

by cycle-sports | 2015-02-20 15:47 | その他  

一部商品の価格改定のお知らせ

一部商品の価格改定のお知らせ

 平素は日頃より弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 さて、すでに報道等でご承知のことと存じますが、昨年と比較して大幅に円安が進行した結果、弊社が昨年に発表させていただいた従来の価格を維持することが困難となってまいりました。

 つきましては、下記のとおり2013年10月1日より一部の商品の価格を改定させていただくことをご案内申し上げます。
 弊社といたしましては、これを契機に品質の維持とサービスの向上などさらに努力していく所存です。
 何卒、諸事情をご賢察の上、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

c0208048_11484146.jpg

c0208048_11484448.jpg

[PR]

by cycle-sports | 2013-09-20 13:22 | その他  

盗難バイク FOCUS MARES AX 2.0 DISC を探してます

盗難バイク 『2013年モデル FOCUS MARES AX 2.0 DISC』を探してます!!

2013年2月26日(火)の夕方、名古屋市南区にてシクロクロスバイクが盗難に遭いました。

2013年モデル FOCUS MARES AX 2.0 DISC
c0208048_1118337.jpg

サイズ : 50
カラー : グレー/グリーン
メインコンポ : シマノ 105
ホイール : CONCEPT EX DISC ブラック

車体№ : S2JA04107

情報がありましたら下記までご連絡ください。
皆様のご協力をお願い致します。

サイクルショップ 光 HIKARU
愛知県豊田市元宮町6-54-2
TEL:0565-34-0665

※盗難車見つかりました!!
皆様のご協力ありがとうございました。

[PR]

by cycle-sports | 2013-02-27 11:20 | その他  

ブルベ400km、最速記録更新!

4月28日に愛知県一宮市スタートゴールのブルベ400kmで、それまでの14時間53分を9分更新し、14時間44分でゴールしました。
今回は一宮をスタートし、各務原の抜けてTOJ美濃ステージのKOMを越え、R256でタラガトンネルへ。
郡上八幡、美濃白鳥、そして油坂峠を越えて九頭竜湖畔を通って大野へ。
そこから旧丸岡を抜けて芦原、東尋坊、越前海岸で南下し敦賀。
木之本から長浜、米原、関ケ原、大垣と通って一宮でゴールするコースでした。

今まで参加してきたブルベよりもはるかに登りは少なく、その前の週にほぼ同じ獲得標高で東のミスターロングライド黒澤氏が15時間23分だったと聞き、ここはなんとしてでもそれを切るタイムをと思い走りました。

スタートからスムーズな走りが続き、90㎞地点のPC2でアベレージは29km/hほど。
これは記録更新(それまでは14時間53分)を上回ることも可能!
ここからはスピードを維持するように気合いを入れ直し、芦原(200km)へは7時間13分。
ここまでが登りが多く、ここからはあまり登らないために記録更新の可能性はより高くなっていると感じていました。
越前岬までは追い風だったものの、敦賀までは緩く向かい風気味。
敦賀からの峠で日が暮れ、木之本から長浜へは横風、そして長浜を過ぎて米原から関ケ原までは伊吹山から冷たく強烈な向い風!
しかし関ケ原までくれば下り基調で追い風。
あとは全力を尽くしてペダリングし、従来の400kmの記録を9分更新し14時間44分でフィニッシュしました。

さすがにラスト20kmほどは軽いハンガーノックと疲労で力が入らず、その状態で無理やりペダリングしていったので、フィニッシュした途端に体が冷え切って震えが止まりませんでした。
c0208048_190081.jpg

また、5月26日に600km(一宮~鳥取往復)にチャレンジしました。600kmでも記録を!と意気込んで挑みましたが、こちらは後半失速してしまい24時間55分と言うタイムでフィニッシュ。国内の600kmで歴代11番目と言うタイムでした。
これでひとまずブルベも小休止。
次回のブルベは9月に入ってからで、9月中旬に1,000km、そして9月末に600kmの予定です。

参考までに各距離におけるタイムは下記の通りです。
200km 6時間47分 2011年(歴代4番)
300km 11時間17分 2010年(歴代2番)
400km 14時間44分 2012年(歴代1番)
600km 24時間55分 2012年(歴代11番)
フレッシュ 603km (歴代1番)


関連サイト
オダックスジャパン http://www.audax-japan.org
[PR]

by cycle-sports | 2012-06-13 19:00 | その他  

ブルベシーズン到来! 三船雅彦選手「BRM303近畿200」レポート

c0208048_1823864.jpg

「BRM303近畿200」レポート 三船雅彦

3月3日、今年3回目のブルベ「BRM303近畿200」を走ってきました。
神戸西に近い市立農業公園近くをスタートしますが、この神戸のブルベが人生で初めてブルベに出場した記念すべきブルベなのです。

コースは時計回りで市立農業公園近くをスタートし、加古川~姫路~福崎~神崎~高坂トンネル~西脇~篠山~古坂峠~三田~淡河~三木~ゴールの200km
大きな市街地もないし、ルートも大まかに県道と国道をトレースしていくので、道に迷ったりする危険も少ないです。(ない、のではなく「少ない」)
60㎞地点のPC1までは平坦基調、そこから西脇へは高坂峠横の高坂トンネルへの登り区間。
西脇からは小さな峠を越えてR372「デカンショ街道」を通過チェックに指定されている篠山のはずれのコンビニまでアップダウンコース。
篠山から三田へは標高400メートルの古坂峠、三田からゴールまでは比較的下り基調のコース。

PC1までは協力しつつ走るも高坂トンネルからは一人旅。
デカンショ街道の向かい風基調のアップダウン区間ではへこたれそうになりながら、ギヤでごまかして進むのではなく、今回は比較的高回転で回して進む走りに徹する。
来月に走る「フレッシュ」に備えて、後半に体力を温存しつつスピードの低下を最小限に抑えるよう心掛ける。

古坂峠を越えて三田市へ。
このあたりに来ると地理感がある。
今日はここまで比較的時間の流れも距離の進み具合も、自分の体内時計よりも比較的早いスピードで、「追い込まれている」感も薄い。
淡河の下り区間も力が湧いて出てくる感じで、何度も7時間切りと戦っていたが、このあたりに来ると「やっぱ無理だな」と悟る。

ゴールへは7時間11分でゴール。
凄くスムーズに進むも、今日は感知式信号にことごとく引っかかったり、信号も変わった直後に引っかかったりと、スムーズに走っていたわりには運がなかった。
去年6時間47分(それも実測210㎞で)の記録も破れるかも?と野望をもって挑んだが、甘くはなかった。


ひとまず200㎞のブルベはここでピリオド!
ここからは300㎞の世界に突入していきます。
24日には静岡300㎞、31日に中部300㎞
そして4月7日にフレッシュが待ち受けています。

今シーズン使用するコラテック・サニーノ スクアドラDUROも自分の想像通りの走りで気持ちよく進んでくれています。けっして軽い訳ではないですが、走りの軽さは別格。これから徐々に伸びてくるブルベでもいい感触を得ています。

c0208048_1842872.jpg


関連サイト
オダックスジャパン:
http://www.audax-japan.org/#menu

オダックス近畿:
http://audax-kinki.com/top.htm#menu

オダックスランドヌール中部: 
http://ar-chubu.org/#menu

三船雅彦ブログ3月3日ブルベ: 
http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20120303#menu
[PR]

by cycle-sports | 2012-03-12 18:10 | その他  

三船雅彦選手 関西シクロクロス最終戦 優勝!

三船雅彦 関西クロス第10戦 桂川 レポート
c0208048_1411326.jpg

PHOTO:Hideaki TAKAGI
2011-2012年シーズンの関西シクロクロス最終戦「桂川」は、2月5日(日)に京都南インターから近い桂川河川敷で行われました。
基本は平坦基調のコースで、高低差で言うと1メートルほどのコースですが決して簡単なコースではなく、くねくねと曲がりくねっているので集団の後方に位置していると体力を削がれてしまいます。
シーズン後半に見せたように、スタートから独走に持ち込んで自分のペースでレースを進めていけるよう心がけました。

空気圧は硬い路面が続くので30ミリのタイヤで前後とも1.8気圧に設定。
早朝はかなりの冷え込みで路面が凍結していたのですが、試走を終えるころから路面が緩み始め、スタート直前からかなり滑りやすい路面に急変していきました。

スタートからはグラウンド外周の硬めの路面が続き、ここで約10秒弱のリード。
1周目の復路のキャンバーのコーナーでスリップ、試走の段階では全くポイントに考えていなかった場所。
凍結路面が溶けてきた時点で滑りやすくなっているようでした。
なんでもないところでも全体的に滑りやすくなってきているようで2回目の落車を機に空気圧をさらに低く設定。
それでもコーナーで滑りやすく、常にナーバスな状態が続くレース。
個人的にはこの状態の方が今までの自分の経験を生かせられるので、好ましい。
1周が6分強。7周になるつもりで走っていたけれど結果的に6周に設定。
北神戸の時はそれでやや腐って後半流してゴールしましたが、今日はシーズン最終戦と言うこともありゴールまで全力!
毎周回12秒ほどの差をつけていき、2位に1分13秒の差をつけて優勝。
最終戦も優勝で結ぶことができました。
年間総合でも6位から大逆転で3位へ躍進してシーズンを終えることができました。

関西シクロクロスシリーズで4勝(10戦中)、長野のシクロクロスミーティングシリーズで1勝、そしてマスターズの最高峰AJOCCマスターズ選手権で優勝し昨シーズンに続いて連覇と6勝。

今はひとまずシーズンを終えて燃え尽き状態でまったく来シーズンことは未定ですが(笑)、今年シクロクロスを通じて楽しい仲間、そしてライバルと戦ったことで今まで自分の中で忘れかけていた戦う楽しさを再び思い出すことができました。

だからと言って来年度は何をする!と言う明確なものは何もないのですが、引退してから常にいろいろなことを提案させてもらってきました。
ですので是非来年度もみんなを驚かせ、そして喜んでもらえるように走りたいと思っています。
まずはひとまず心身ともに休みたいと思います。
オジサンですので(笑)

シクロクロスでの活動にご協力いただいたみなさん、どうもありがとうございました。

関連サイト
シクロワイアード・桂川レポート
http://www.cyclowired.jp/?q=node/76774/#menu

三船雅彦オフィシャルブログ
http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20120205/#menu

関西シクロクロス桂川リザルト
http://kyoto-cf.com/
/#menu


関西シクロクロスブログ
http://d.hatena.ne.jp/kansai_cyclocross//#menu


※スポーツ解説出演予定

UCIシクロクロス ワールドカップ11/12・第7戦 リエヴァン(フランス)
解説:三船雅彦
実況:絹代
開催日:2012年1月15日
開催地:フランス・リエヴァン

2月11日(土)J SPORTS 3 15:00~16:30
2月15日(水)J SPORTS 3 19:00~20:30
2月17日(金)J SPORTS 3 09:00~10:30
2月18日(土)J SPORTS 4 25:30~27:00
2月23日(木)J SPORTS 1 26:30~28:00
2月29日(水)J SPORTS 2 06:00~07:30
3月10日(土)J SPORTS 1 05:30~07:00
3月15日(木)J SPORTS 3 08:30~10:00

UCIシクロクロス ワールドカップ11/12・第8戦 ホーヘルハイデ(オランダ)
解説:三船雅彦
実況:谷口広明
開催日:2012年1月22日
開催地:オランダ・ホーヘルハイデ
2月12日(日) J SPORTS 3 15:00~16:30
2月15日(水) J SPORTS 3 20:30~22:00
2月17日(金) J SPORTS 3 10:30~12:00
2月19日(日) J SPORTS 4 25:00~26:30
2月26日(日) J SPORTS 1 26:30~28:00
3月1日 (木) J SPORTS 2 06:00~07:30
3月11日(日) J SPORTS 1 05:30~07:00
3月16日(金) J SPORTS 3 07:00~08:30

UCIシクロクロス 世界選手権11/12 コクスアイデ(ベルギー)
解説:三船雅彦
実況:谷口広明
開催日:2012年1月29日
開催地:ベルギー・コクスアイデ
2月18日(土) J SPORTS 3 14:00~15:30
2月19日(日) J SPORTS 4 26:30~28:00
2月23日(木) J SPORTS 3 24:00~25:30
2月26日(日) J SPORTS 3 12:00~13:30
2月27日(月) J SPORTS 1 26:30~28:00
3月2日 (金) J SPORTS 2 06:00~07:30
3月3日 (土) J SPORTS 3 07:30~09:00
3月4日 (日) J SPORTS 4 25:30~27:00
3月8日 (木) J SPORTS 3 07:00~08:30
3月16日(金) J SPORTS 3 08:30~10:00

関連サイト
Jスポーツ
http://www.jsports.co.jp//#menu

※今後の予定

2月10日~12日 チームマッサ合宿(広島県尾道市周辺)
2月18日19日 三船雅彦さんと箱崎を走るバイ!(福岡県福岡市)
2月26日 ブルベ BRM226名古屋200浜名湖(愛知県豊田市スタートゴール)
3月3日 ブルベ BRM303近畿200神戸西(兵庫県神戸市スタートゴール)
3月6日~9日 台北ショー視察のため台湾へ
3月11日 もっと元気な京都ジュニア育成事業(京都府向日市向日町競輪場)
3月18日 琵琶湖一周
c0208048_14125745.jpg

PHOTO:Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2012-02-08 14:00 | その他  

三船雅彦選手 関西シクロクロス第9戦「堺」今季5勝目!

三船雅彦 関西クロス第9戦 堺レポート
c0208048_1659154.jpg

PHOTO:Hideaki TAKAGI
2011-2012年シーズンも終盤戦、1月22日(日)第9戦の「堺」に出場しました。
大阪や京都、神戸からもアクセスしやすいこともあり、参加者が500人以上!
シクロクロスの人気がすごく上がっており、応援でコース脇に陣取る人も増えてきましたし、何より参加者のシクロクロスバイク使用率も急増しています。

私の出場するマスターカテゴリーの最上位である「カテゴリーマスター1」は、朝9時にスタート。
朝一番のオープニングということでスタートまでの準備もあまりできず(トレーニング用のウェアで試走していると着替える時間が余裕なく一度遅刻しかけた)、逆に言えばどれだけスタートダッシュに耐えられる心肺強度域まで仕上げられるか、そしてレースに使う機材もほぼ完ぺきでレース会場に行かないと、セッティングする時間すらほとんどないので、どのカテゴリーよりもシビアです。

試走は前日の関西クロススクールでコースをおおまかに把握し、朝いちばんの試走でコースコンディションを確認して、空気圧や最終的なライン取りの確認をしたらそのままスタートラインという流れです。

レースは最前列スタートの権利を有するシリーズランキング上位8人に前回から入り込み、今回も1列目でのスタート。
スタートから独走し、今季5勝目となりました。

コースは平たん基調ですが前日の雨の影響でコーナーは滑りやすいコンディションとなり、スピードが上がったときに難しさを増しました。
タイヤ幅30mmのチューブラータイヤで空気圧は2.0気圧。

スタートと同時にレースをリードし、そのまま2周をスピードを上げたままに走りレース周回7周回が決定し少しスピードを落とす。と言っても10秒ほど2位を走るビンセント・フラナガン(往年のMTB選手!)を徐々に引き離し、ラスト周回手前で差は1分以上。
ここでスピードダウンし無理をせずにゴール。

残すは関西シクロクロス最終戦の桂川のみ是非皆さん応援にお越しください!


関連サイト
シクロワイアード
http://www.cyclowired.jp/?q=node/76044/#menu

三船雅彦オフィシャルブログ
http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20120122/?q=node/76044/#menu

関西シクロクロス堺リザルト
http://www.kyoto-cf.com/cross/#result/?q=node/76044/#menu

関西シクロクロスブログ
http://d.hatena.ne.jp/kansai_cyclocross//?q=node/76044/#menu


※三船雅彦氏 ロードライディングスクール開催

1月29日に京都府南部の精華町を起点としてロードのライディングスクールを開催しました。
この冬の間はシクロクロスのメインに開催してきましたが、1月より各地でブルベ(ロングライドイベント)が開催されているので、ロングライドをターゲットとしたロードのライディングスクールだったのですが、コアな方々が参加されました。

けいはんなサイクルロードの会場となるけいはんなプラザホテル前をスタートし加茂町から和束町、そして滋賀県へと突入し甲賀市・信楽朝宮、そして大津市大石を通って宇治川ラインと呼ばれる宇治川沿いのルートを経て宇治田原~井手町そしてけいはんなへの約75kmを走行しました。
この日は朝のうちに雪がちらつく厳しい天気でしたが、東は愛知県、西は兵庫県から参加者が集まり走りました。
ペースの組み立て方を体感的なものやハートレートモニターを使っての科学的なものなどを伝え、そして休憩中には寒かったですがみんなでわいわいと楽しく質疑応答時間となりました。

またぜひ参加したい、と言う声もいただき、またロングライドにフォーカスしたスクールも定期的に行っていきたいと思いました。

関連サイト
三船雅彦オフィシャルブログ
http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20120129/?q=node/76044/#menu

※三船雅彦氏 今後の予定

2月4日 関西クロススクール(桂川)
2月5日 関西クロス(桂川)
2月18日19日 三船雅彦さんと箱崎を走るバイ!(福岡県福岡市)
2月26日 ブルベ BRM226名古屋200浜名湖(愛知県豊田市スタートゴール)
3月3日 ブルベ BRM303近畿200神戸西(兵庫県神戸市スタートゴール)
c0208048_1727762.jpg

PHOTO:Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2012-02-02 17:05 | その他  

三船選手関西クロス第8戦優勝!今季シクロクロス4勝目

三船雅彦 関西クロス第8戦 北神戸レポート
c0208048_19194545.jpg

11月より始まった関西シクロクロスシリーズ2011-2012全10戦ですが、1月15日(日)の北神戸は第8戦と終盤戦。
アップダウンのテクニカルさがウリのコース。
現役時代ここは得意コースのひとつで、雪が降ると平坦区間すらまともに乗車できないほどの泥!
今年は全く雨や雪が降らず、ドライコンディションでスピードレースとなりました。

今回はスタートから飛び出し、独走勝利を目標に戦いました。
スタートからアウター(46T)でスピードアップ。
後ろは関西クロスのランキング上位の選手が懸命に追走、しかし徐々に差が開き始め
1周目を終了時点で10秒以上の差。
とにかくスピードを落とさないよう、そして決してミスしないようにを心掛けて走行。
スタートしてから第1ピットへと向かうキャンバー区間、そしてグラウンドから急坂を登って
第2ピットへのキャンバー区間がテクニカルでした。

4周終了時点で1分以上の差。走行はきっと6周だと思い、ラスト周回で何人かをラップしようと
目論んでいましたが、主催者の方が4周回終了時点でラスト周回の鐘。
これで集中力が切れてしまい、ラスト1周は少し流し気味でゴール。
2位の選手に1分以上の差を広げてのフィニッシュとなりました。
主催者は、きっと後半にスピードが落ちるだろうと判断し5周回に設定したようですが
実際はスピードが落ちることなくゴールへ。
レギュレーションでゴール時間が40分前後となっていますが、実際は40分強なので4分ほど短く
レースが終了してしまいました。

これで今シーズンのシクロクロスは4勝目(飯山、全日本、くろんど池、北神戸)
残りは堺(1月22日)桂川(2月5日)、両レースとも勝利で飾れるように頑張りたいと思いますので
お時間のある方は是非現地でレースの盛り上がりを肌で体感していただき、応援していただければと思います。
[PR]

by cycle-sports | 2012-01-19 19:21 | その他  

関西クロス第6戦Master 1クラス 三船選手優勝!

c0208048_1705564.jpg


三船雅彦 関西クロス第6戦レポート

12月25日に奈良県生駒市くろんど池で開催された関西クロス第6戦(Category M1)は、第1シード(1列目)でスタートした筧選手をラスト1周半で捕えて最後にアタックを決めて独走勝利しました。
このコースは地元と言っていい場所で、自宅から6㎞以内。
くろんど池を交野市へと下ったところが妻の実家と言うことで現役時代のシクロクロス練習コースでもありました。
まさかここでレースが開催されるとは・・・
(以前から関西クロスの主催者である矢野氏には提案していましたが、開催されるようになるとは思っていませんでした)

今シーズンの関西クロスランキングポイントでスタート位置が決まりますが、1列目に入るだけのポイントはなく2列目以降へ。
スタートは可もなく不可もなく6番手ほどでオフロードへ
池の周り、スタートから裏側はフラットで抜きどころのない区間が続き、ホームストレートで一度ゴール地点を通過。
ここは道幅が広くなるものの向かい風。
そしてダブルトラックのアップダウンを利用したコーナーの連続、そして一度舗装路に出てから登り区間、そのあとに長い階段とシングルトラックの下り(片側が崖)と続くテクニカルなコース。
ここでスタートしてのオフロードへ合流します。

2周目に2番手へと上がり先頭を走る筧選手(全日本マスター2位)を追走。
20秒以上あった差を徐々に詰め、ラスト1周半で合流。
ラスト周回の階段手前の登りでペースアップし先頭にでて、そのまま階段でアタックを決めて逃げ切り優勝しました。
この日は大人げなくも(笑)勝つこと以外まったく考えておらず、スタート前から本気でした。
階段でも明日がスムーズに上がっていたしコーナーでも安全ラインできれいにトレースできていたと思います。
アタックしてからの1km、ここではトップギヤでもがききることもできたし、完全に心身共に「選手モード」でした。

次回のシクロクロスは1月15日の関西クロス第7戦「北神戸」
雨が降ると泥地になるコースで、個人的にはここの泥は相性がいいです。
残り3戦、すべて勝利で飾れるようにしていきたいと思います。
c0208048_1724090.jpg


今後の予定
1月7日 関西クロススクール(希望ヶ丘)
1月8日 ブルベ(BRM108近畿200km)
1月9日 シクロクロスライディングスクール
1月14日 関西クロススクール(北神戸)
1月15日 関西クロス第8戦(北神戸)
1月18日 プライベートスクール
1月21日 関西クロススクール(堺)
1月22日 関西クロス第9戦(堺)
[PR]

by cycle-sports | 2012-01-04 17:03 | その他  

シクロクロス全日本選手権 三船選手 マスター優勝!

c0208048_8573043.jpg
photo:TAKAGI Hideki
三船雅彦 シクロクロス全日本選手権レポート

12月11日(日)滋賀県マキノ町マキノスキー場で行われた全日本選手権の年代別レース(マスター選手権)に出場しました。
このレースは昨年出場し優勝、今年は連覇のかかった大会となりました。

前日からコースへ移動しコースを試走。
今回は芝のアップダウンを利用した周回コースで1周約2.6㎞。
テクニカルなところはなく、強いて言えば一番登りきったあたりのウェット区間そして階段ぐらいで
どちらかと言うと単調で日本選手権の勝者=日本一とは言えないコースだと感じ。
しかしコーナーのつなぎや、登りがきついわりに下りがスラローム的に下ってくるので休むポイントがなく体力勝負的・戦略が重要なコース・レースになるだろうという判断。

前日の試走では今回のために特別に用意した28mmのタイヤと30mmのタイヤをテストしてみる。
普段は32㎜のタイヤで1.8~2.5ぐらいで走るが、今回は細いタイヤにすることで芝のコースでタイヤを「刺す」イメージ。
試走中に空気圧を下げるつもりで3.2気圧(28mm)でいくものの、意外とそのままで十分走れている。
唯一キャンバーの下りのあとの登り返しはもたつき気味になるので、あえて乗車ではいかずに担ぎランニングに切り替えるつもりでチェックする。
30mmも2.5気圧。全体的に高めで細いタイヤを地面に突き刺すイメージのセッティングだ。


当日の朝に少し雨が降ったようでウェットコンディションだが、キャンバーの登り返し以外は特に影響を受けておらず、基本的は空気圧やセッティングはそのままでスタートを迎える。
今回はピットに選手時代にシクロクロスのピットをお願いしていたNOKOの仲西氏にお願いした。
実は去年の全日本選手権も仲西氏をタッグを組むつもりだったが、大会の少し前に彼の奥さんが亡くなられてしまい実現しなかった。
(そのため去年出場したシクロクロスはすべて喪章をつけて出走し、すべての勝利は彼の奥さんに捧げました)彼がバイクの準備をしてくれたおかげで、試走そしてレースに集中することができました。

スタートは早く場所を取った順番で、2列目
今回優勝候補筆頭の筧選手や関西クロスリーダーの大河内選手そしてその他の有力選手たちが1列めを陣取る。
その選手たちの後ろなので、特に焦ることはなくスタートに挑む。
スタートからかなり長くきついアスファルトののぼりを登らないといけないが、今回はどの選手よりも細く高圧のタイヤなので比較的楽に進んでいける。

芝区間ののぼりや階段、泥区間を筧選手に続いてクリアー。約3~5秒離れて進んでいくが想定内、焦らずに走る。
アップダウンがきついので焦りは禁物。
下り区間で約7秒。まだまだ想定内と思っていたところでコーナーで筧選手が落車!
よく見ると後輪がリムから剥がれている。
シクロクロスの場合タイヤの接着が非常に難しく、多くの選手が苦しんでいる。彼もまたタイヤの接着がきちんとできていなかったようだ。
その間に中川選手(つうばいつう)と2人で先行していく。
(この時点では知らなかったが、C1で普段走る中川選手ともう一人はマスターズでは成績をつかないそうだ)
筧選手は上りでは差が詰まるものの下りは詰まってはいない。
完全に射程圏内に入られる場合は攻撃するが、それまでは中川選手との一騎打ちに専念して走る。


ジワジワと筧選手がつめてくる中、ラスト1周にはいったところで登りでペースアップ開始する。
中川選手が微妙に離れたところで最速ラインで下る。ここまでは決して速くないラインを使っていたので下りで一気に離れだす。
最終コーナーまでに射程圏外へ。
最後は余裕を持ってゴールへ。

優勝:三船雅彦
2位:中川隆司
3位:筧太一
4位:小泉信宏
5位:丸畑明彦
6位:佐野光宏
(2位と4位はC1登録の選手のためオープン参加となり3位と5位が繰り上がりで表彰へ)
c0208048_8575642.jpg
photo:TAKAGI Hideki

今後の予定
12月18日 関西クロス#5 丹波町(京都府丹波町丹波自然運動公園)
12月23日 シクロクロスライディングスクール
12月24日 関西クロススクール(奈良県生駒市くろんど池)
12月25日 関西クロス#6 くろんど池(奈良県生駒市くろんど池)
2012年
1月3日 ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン(栃木県ツインリンクもてぎ)
1月7日 関西クロススクール(希望ヶ丘)
1月8日 ブルベ(BRM108近畿200km)
[PR]

by cycle-sports | 2011-12-13 09:11 | その他