「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

斉藤亮選手 ジャパンシリーズ第3戦 富士見 大健闘2位!

 ジャパンシリーズ第3戦の舞台は富士見パノラマスキー場。前戦から3週間開けての今レースは、気力体力共に回復させるには十分の期間があった。今までのレースを振り返り、敗因や課題を克服するためにもう1度しっかりとトレーニングを見直し実行した。
 年に2~3回は必ずレースが行われる富士見パノラマ。コースは決してテクニカルなコースではないが、登り基調で非常にタフなコース。自宅からさほど距離はなく、コースも熟知しているので前日に会場入りすることに決めた。
 前日のコース試走ではドライコンディションで走りやすい。ゆっくりとラインを見極め、レースを想定した走りを心掛ける。木の根っこ、岩や石などの位置を見ながら最速のラインを判断していく。少し肌寒いくらいの気候だけど体の調子は悪くない。後は気持ちだけ。毎年、富士見でのレースには良い思い出がない。メカトラブル、オーバーペース、痙攣・・・苦い思い出が脳裏に焼き付いている。これを払拭しないと次に進めない。強い意志を持ってレースに備えた。男子エリートのスタートは14時。
 前日の夕方から降り続いた雨の影響でコースはドライから一変し、ウエットに。天候は徐々に回復していくが、どこまで乾いていてどこまで攻めれば良いのかが今回のカギ。号砲一発、落ち着いてスタートを切った。
 スタートから一気に乳酸を出し過ぎないように心掛け、最初のシングルトラックを6番手で進入していく。序盤からペースが速い。あれ、調子が悪いのか?それともハイペースなのか?前半からまとまったパックにならず単体で進むかたちとなる。ハイペースに1周目はリズムが掴めずに5位通過。トップとは30秒もの差がついてしまう。2周目、前を追う気持ちと焦る気持ちでミスを連発。下りで転倒し、網ネットに引っ掛かりタイムロス。イライラを抑え、まずは冷静になることを意識した。
 2周目を終えて4位通過、トップ武井選手(チーム・フォルツァ!)とは2分弱。2~3位との差は50秒。その場しのぎの走りにならないよう、安定したラップを刻みながら前を追う。
 5周目、2位を走っていた山本選手(キャノンデール・ファクトリー)がパンクで後退。単独3位へ。何が起こるか分からない。それがレースだ。強い気持ちを持って前を追い掛ける。2位を走る平野選手(ブリヂストン・アンカー)がペースダウンしているのが分かった。2、3、4位争いが熾烈になっていく。150m程の等間隔で6~7周目を周回した。見ている方は楽しい展開だが、走っている方は気が抜けない。弱気になったら間違いなくパスされ、後退していく。
 8周目、泣いても笑っても怒っても・・・ラスト1周で勝負は決まる。2位を走る平野選手に追い付いた瞬間、並走せずに一気にペースアップして単独2位へ。難所であるリフト下の最後の直登は歯を食いしばり駆け上がる。
 観客やコーチからの応援がもう一踏ん張りを生みだしてくれる。トップとはかなりの差があったが、2位でゴールした。
 7月に行われる、全日本選手権の前哨戦とも言えるJシリーズ第3戦富士見。優勝を狙うにはもっと努力し、もっと質の高いトレーニングをする必要がある。しかし、今の自分に迷いはなく、やるべき事が見えている。その陰には、多くのスポンサーの支え、多くの関係者の支えがあって成り立っている。
 c0208048_16511758.jpgXCスキーでは全日本選手権を制し日本一になった。次はマウンテンバイクの全日本選手権で日本一になりたい。この経験と悔しさが今後、より自分を強くすると信じて頑張っていきたい。たくさんの応援、サポートありがとうございました。
[PR]

by cycle-sports | 2010-06-04 16:45 | レース情報