<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

日本食研 佐藤選手 トライアスロン アジアカップ 優勝!!

c0208048_1318456.jpg

2011ITUアジアカップ・シンガポール大会報告書

                 日本食研実業団トライアスロン部 佐藤治伸

日  時  2011年7月31日(日)14:00スタート
場  所  イーストコーストパーク周辺特設コース・シンガポール
     (スイム1500M:750M×2、バイク40㎞:6.6㎞×6、ラン5㎞×2)
目  標  優勝 (ITUポイント200p獲得)
結 果  優勝 1:51:59 (日本人3人中1位、ITUポイント200p獲得)

いつもご支援を頂き誠にありがとうございます。シンガポールで行われましたアジアカップ大会に出場し優勝を果たす事ができました。自身、2003年のインターナショナルイベント和歌山大会以来の国際大会優勝となりました。この優勝でITUポイントを200p獲得する事ができ、ITUランキングも147位から117位へ上げる事ができ、ロンドンオリンピックへと繋がるワールドカップ以上のレース出場へ可能性が出て参りました。
レースナンバーが2番目でしたので、左側から2番目の好位置でスタートする事ができました。スイムは波が高く、泳ぎにくく感じました。レース前日から泳ぎの感覚は良く集団から大きく遅れる事はありませんでしたが、2人の選手の飛び出しにはついて行く事ができず、第2集団でレースを進めました。2周回目の途中からは集団の前方で泳ぐ事ができ、最後の直線では先頭を泳ぐ事ができました。集団のままバイクに入り、日本の杉本選手、椿選手を含む7人の集団を形成しました。2周回目に入る直前に、ダン・アルターマン選手が飛び出し、私が先ず反応し2人で先頭交代を繰り返しながら前にいた2人に追い付きました。後れてダン選手の兄弟のラン選手が追い付いてきて、5人の第2グループを形成しました。5人で上手く先頭を交代しながら後続のグループを引き離す事ができました。かなり後ろとは開きましたが、ナミビアのロウ選手がいなかったので、前に逃げ集団があるのだろうと判断し、ペースは緩める事なくランへ移りました。
ランに入り、ロウ選手が一人でバイクを逃げていた事が分かりました。第2集団からはダン選手が飛び出しますが、酷暑の中でのレースでしたので、冷静にペースを守って離され過ぎないよう走りました。2キロ付近でダン選手を捉え、2位に浮上しました。ロウ選手とはかなり差が開いていたのが分かりましたが、逆転も可能だと信じ2位に上がってもペースを落とす事なく走りました。2周回目に入る前に差が詰まっている事が確認でき、暑さで自分のペースを落とさなければ逆転できると信じて走りました。ラスト1.5㎞でロウ選手を捉えて一気に抜き去りそのまま1位でフィニッシュテープを切る事ができました。
士別でのチーム合宿で今までで一番の練習を積む事ができ、技術的にも手応えを感じる部分がありました。今後もこの優勝をステップアップにレースで活躍できるよう頑張って参ります。今後ともご支援のほど宜しくお願い致します。

使用機材 バイク: コラテック R.T. PRO MULTI
ホイール:   HED. STINGER4 
ヘルメット: KABUTO REDIMOS トレースレッド
ウェア: 2XU ELITE TRI SUITブラック
タイヤ:   CORSA EVO SLICKⅡ
サングラス:  アディダス evil eye halfrim pro イエロー
レンズ:     LSTアクティブS
[PR]

by cycle-sports | 2011-08-12 13:18 | レース情報  

佐藤選手 トライアスロン ITUアジアカップ・シンガポール大会で見事優勝を飾る!

トライアスロン ITU アジアカップ・シンガポール大会 レースレポート

日本食研実業団トライアスロン部 佐藤治伸


日  時  2011年7月31日(日)14:00スタート
場  所  イーストコーストパーク周辺特設コース・シンガポール
     (スイム1500M:750M×2、バイク40㎞:6.6㎞×6、ラン5㎞×2)
目  標  優勝 (ITUポイント200p獲得)
結 果  優勝 1:51:59 (日本人3人中1位、ITUポイント200p獲得)
使用機材 バイク: コラテック R.T. PRO MULTI
ホイール:   HED. STINGER4 
ヘルメット: KABUTO REDIMOS トレースレッド
ウェア: 2XU ELITE TRI SUITブラック
タイヤ:   CORSA EVO SLICKⅡ
サングラス:  アディダス evil eye halfrim pro イエロー
レンズ:     LSTアクティブS

いつもご支援を頂き誠にありがとうございます。シンガポールで行われましたアジアカップ大会に出場し優勝を果たす事ができました。自身、2003年のインターナショナルイベント和歌山大会以来の国際大会優勝となりました。この優勝でITUポイントを200p獲得する事ができ、ITUランキングも147位から117位へ上げる事ができ、ロンドンオリンピックへと繋がるワールドカップ以上のレース出場へ可能性が出て参りました。
レースナンバーが2番目でしたので、左側から2番目の好位置でスタートする事ができました。スイムは波が高く、泳ぎにくく感じました。レース前日から泳ぎの感覚は良く集団から大きく遅れる事はありませんでしたが、2人の選手の飛び出しにはついて行く事ができず、第2集団でレースを進めました。2周回目の途中からは集団の前方で泳ぐ事ができ、最後の直線では先頭を泳ぐ事ができました。
集団のままバイクに入り、日本の杉本選手、椿選手を含む7人の集団を形成しました。2周回目に入る直前に、ダン・アルターマン選手が飛び出し、私が先ず反応し2人で先頭交代を繰り返しながら前にいた2人に追い付きました。後れてダン選手の兄弟のラン選手が追い付いてきて、5人の第2グループを形成しました。5人で上手く先頭を交代しながら後続のグループを引き離す事ができました。かなり後ろとは開きましたが、ナミビアのロウ選手がいなかったので、前に逃げ集団があるのだろうと判断し、ペースは緩める事なくランへ移りました。
ランに入り、ロウ選手が一人でバイクを逃げていた事が分かりました。第2集団からはダン選手が飛び出しますが、酷暑の中でのレースでしたので、冷静にペースを守って離され過ぎないよう走りました。2キロ付近でダン選手を捉え、2位に浮上しました。ロウ選手とはかなり差が開いていたのが分かりましたが、逆転も可能だと信じ2位に上がってもペースを落とす事なく走りました。2周回目に入る前に差が詰まっている事が確認でき、暑さで自分のペースを落とさなければ逆転できると信じて走りました。ラスト1.5㎞でロウ選手を捉えて一気に抜き去りそのまま1位でフィニッシュテープを切る事ができました。
士別でのチーム合宿で今までで一番の練習を積む事ができ、技術的にも手応えを感じる部分がありました。今後もこの優勝をステップアップにレースで活躍できるよう頑張って参ります。今後ともご支援のほど宜しくお願い致します。
[PR]

by cycle-sports | 2011-08-05 20:34  

2012年NEWモデル corratec CORONES 発売開始!

完成度が高いアルミロード「CORONES」がさらに進化して登場!
上級モデルR.T.PROの血統を引き継ぐアルミロード。マイスター「マウロ・サニーノ」が開発に携わったライダーのパフォーマンスを最大限に引き出すジオメトリーを採用している「CORONES」!
6061アルミから7005アルミへと素材を変更し、トリプルバテッドと相まってスーパーライトチュービングで軽量化に成功! さらに溶接部の仕上がりが美しくなりました。

c0208048_18564549.jpg


FRAME:7005 Aluminum, Triple butted, Super light tubing, smooth welding
FORK:Corratec light weight Carbon Taper fork alloy steerer, 3K finishde

105 COMPACT SET: 希望小売価格 ¥176,400
NEW TIAGRA COMPACT SET: 希望小売価格 ¥156,450
VELOCE COMPACT SET: 希望小売価格 ¥172,200

※ヘッドチューブの上部が1-1/8インチ、下部が1-1/2インチのテーパータイプで、剛性アップとハンドリング性能を高めています。
※LPC(LOW PROFILE CHAINSTAY) より低くなったチェーンステーが、より大きなクリアランスを生み出し、チェーンがフレームに当たることを防ぎ、一定な駆動性を約束する。トリプルやコンパクトドライブにも最適のチェーンステーです。
[PR]

by cycle-sports | 2011-08-04 18:35 | TOPICS  

斉藤 亮選手 ジャパンシリーズ第4戦 白馬 レースレポート

c0208048_1592283.jpg


JCFジャパンシリーズ第4戦 白馬スノーハープ レースレポート

チームコラテック 斉藤 亮

大会名:2011白馬チャレンジ・マウンテンバイク大会
期日:2011年7月31日(日)
会場:白馬スノーハープ
天気・気温:曇・27℃
競技種目:男子エリート 5.6km×5周回
レース結果:4位
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全日本選手権から2週間開いての今回のJシリーズ#4白馬スノーハープ。自分の体調と体をケアするには十分な時間があり、心身ともに準備も万端。この2週間の間に劇的に調子が良くなるとは考えていないが、今自分に出来る最大の準備をしてレースに向けアプローチをしていった。
ここ白馬村はXCスキー選手時代にも毎年訪れる場所。長野オリンピックが行われた事でも有名な「HAKUBA」。いつも宿泊する常宿は冬場しか泊まった事がなかったが、真夏に泊まる感じはいつもと違ってとても新鮮だ。レース数日前から雨が降り続く。日中は晴れていても夕方から大雨に変わったり、とても気まぐれな天気。レース当日も降ったり止んだりを繰り返す。
マッドコンディション(泥レース)になるのは覚悟していたので、タイヤ選択、バイクコーティング、チェーンオイル、防水・・・など、様々な泥雨対策を実行した。しかし、最後の最後までタイヤ選択には悩んだ。冒険し勝負にでるのか、それとも確実なチョイスをするのか。悩んだ結果、後者を選ぶ。
男子エリートのスタートは14時。号砲と共にタイミングの良いスタートを切る。ここ最近はイマイチ調子が上がり切らなかったので、積極的に先頭でレースを進める。消極的なレースをしてしまえば、次に繋がるステップが見えてこない。若干無理をしてでも強気の姿勢でプッシュする。シングルトラックはもう田んぼ状態。かなり掘れていて乗車できないので担いだり走ったりを繰り返す。
1周目を6名のパックで通過し、2周目へ。ジープロード、芝生もかなりスリッピー。集中力が欠けたら間違いなく転倒する。このような悪天候になるとテクニックの差が歴然となる。泥でスピードのでないコースは地脚勝負になる。3周目、スペシャライズド小野寺選手がパックから抜け出す形で単独で先頭に。それをキャノンデール山本選手、ブリヂストン辻浦選手と自分の3名が追いかける展開。パックではそれぞれ自分の得意パートでは積極的に前を引っ張り、小野寺選手を追いかける。下りで致命的なミスをしない走りを心掛け、登りはマイペースで走る。
4周目、泥詰まりでフロントディレーラーがおかしい。うまく変速ができない。無理に変速するとチェーンを落としてしまう。細かいミスやトラブルの間に少しずつパックから離され始める。ここで離されたら終わってしまう。必死で前を追い掛けるが、追い付きそうな僅かな距離が詰らない・・・。最終ラップ、単独で前を追い掛ける。悪条件では集中力を切らしたら即終了してしまう。最後まで何があるか分からない。前に追い付けない悔しい気持ちと、久しぶりに追い込めている感触を味わいながらゴールに辿り着く。結果4位。残念だけど表彰台へは届かなかった。地元の方々の声援を力に変える事が出来ずに申し訳ない気持ちと悔しさが残る。Jシリーズも残すは2戦。しばらく期間は開くが、しっかりとした休養をした上で今後のトレーニングや方向性を考えていきたいと思う。自分に何が優れていて、何が足りないのかは理解している。失敗し、反省し、そして工夫をしていく。向上心がある限り、高い目標に向け日々努力していくだけ。まだまだ自分の力はこんなもんじゃないと言い聞かせ、努力の成果を実らせたい。
チームスタッフを始め、サポートして頂いたスポンサーの皆さん、応援して頂いている皆さん、本当にありがとうございます。シーズン後半戦に向けて更に飛躍していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


【レース結果】
1. 小野寺健 京都府/TEAM SPECIALIZED
2. 山本和弘 東京都/キャノンデールレーシングチーム
3. 辻浦圭一 長野県/チームブリヂストン・アンカー
4. 斉藤 亮 長野県/チーム コラテック
5. 千田 尚孝 愛知県/KHS-JAPAN
6. Na Sanghoon 韓国/TEAM BICLO


【使用機材】
バイク:CORRATEC / R.V CARBON 2011
フォーク:ROCK SHOX SID WORLD CUP
ハンドル:CONTROL TECH/ Comp MT 28 CB
ステム:CONTROL TECH/ Estro MTX 110mm
シートポスト:CONTROL TECH/ M-Post
サドル:fi'zi:k ARIONE
ホイル:SHIMANO XTR/WH-M985
タイヤ:IRC / SERAC XC/ TUBELESS 1.95
シューズ:MAVIC/ ALTIUM FURY
ペダル:SHIMANO PD-M980
サングラス:adidas/ evil eye halfrim pro /クリスタルSグラデーション
ヘルメット:OGK REDIMOS(パールホワイト)
ケミカル:HOLMENKOL
メーター:POLAR RS800CX
[PR]

by cycle-sports | 2011-08-02 15:12 | レース情報