<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

日本食研 佐藤選手 ITUアジアカップ村上大会 優勝!!

9月16日(日)に新潟県村上市で開催されましたITUアジアカップ村上大会にCORRATEC R.T.CARBONに乗る日本食研実業団トライアスロン部の佐藤選手、平松選手、石塚選手が出場しました。
佐藤選手が国内のコンチネンタルカップでは9年ぶりに見事優勝を飾りました。石塚選手は6位、平松選手は37位という結果でした。
c0208048_14402294.jpg

以下、佐藤選手のレポートです。

日  時  2012年9月16日(日)9:20スタート
場  所  新潟県村上市
(スイム:1,500M×1周回、バイク40km×1周回、ラン6km+2km×2周回)
目  標  優勝
結  果  優勝 1:49:14 
使用機材
バイク:     コラテック R.T. カーボンWHITE/RED
ホイール:    HED.STINGER4 
タイヤ:     Vittoria CORSA EVO SC
ウェア:     2XU FUSION TRISUIT
ヘルメット:   KABUTO REDIMOS オリジナルチームカラー
ボトルゲージ:  KABUTO RC11 グラフィック
サングラス:   adidas evil eye halfrim pro S ネオンブルー
レンズ:     adidas LSTポラライズド
     
いつもご支援を頂き誠にありがとうございます。今大会は今季のアジアカップ3戦目となりました。国際ランキングではコンチネンタルカップ(アジアカップ、ヨーロッパカップなど)は3戦のポイントが加算されますので、優勝してITUポイントを200p獲得する事を目標に致しました。

今回のレースは、水中にクラゲが大量に発生し、バイクでは往路20kmが向かい風でラン競技中の気温が33℃にも達するといった大変過酷な環境下でのレースとなりました。

前日の試泳ではウェットスーツを着用して対処しましたが、当日はウェットスーツの着用が不可でしたので、ウォーミングアップがまともにできない状態でした。
スタートポジションは有力選手が集まる両サイドを避けて真ん中を位置取りました。案の定、周りには有力選手がほとんど集まらなかったので、抜け出すイメージを強く持ってスタート致しました。最初、直ぐには抜け出す事ができませんでしたが、周りに左右されずに自分の泳ぎに徹する事で抜け出す事ができ、100~150M程で先頭が見える位置に上がる事ができました。前に数名選手が見えましたが、差を詰める事ができずに先頭から19秒差前選手とは5秒差の6位でスイムをフィニッシュしました。

バイクでは序盤で6人の第1集団を形成して逃げようと試みましたが、15km付近で追いつかれてしまいました。24名の大集団になり、途中何度か動きがありましたが、そのままの大集団でランに移りました。

ランに入り、オーストラリアのティム選手が勢いよく飛び出しますが、日差しが強く厳しい暑さでのレースでしたのでペースダウンすると判断して自分のペースを守りました。同じくオーストラリアのエバンス選手と並走しながらティム選手を抜き、3km付近でエバンス選手を引き離して単独トップに立ちました。後半、水分を補給すると気持ちが悪くなり何度か吐きそうになりましたが、水分摂取を抑えてペースを維持して逃げ切り、優勝を果たす事ができました。

今回、苦手としていたスイムの上がる位置がいつもより良くなりました。7、8月とチーム合宿においてスピードを単に求めるだけでなく、いかにオープンウォーターで速く強く泳げるかを意識して練習に取り組みました。その結果、フォームを固められた事が成果として表れた要因であると思います。バイク、ランにつきましても高強度の練習を積めているので、次戦の世界トライアスロンシリーズ横浜大会では、世界の強豪選手に気持ちで負けないよう積極的なレースを行いたいと思います。今後ともご支援のほど宜しくお願い致します。
c0208048_14415270.jpg

c0208048_1035541.jpg

[PR]

by cycle-sports | 2012-09-25 08:00 | レース情報  

チーム マトリックスパワータグ みやだロードレース レポート

c0208048_18465893.jpg

photo by Hideaki TAKAGI

JBCF みやだロードレース
Jプロツアー第12戦 


日付:2012年8月19日(日)
開催地:長野県上伊那郡宮田村 特設コース(3.2km周回)
距離:予選12.8km(3.2km × 4周回) 決勝32km(3.2km × 10周回) 
天候:快晴 気温31℃
出走選手:7名 向川尚樹、永良大誠、山下貴宏、安原大貴、小牧祐也、池部壮太、窪木一茂


前日のレースに続き、長野へ移動してのJプロツアー第12戦。
こちらもクリテリウムに近い、予選2組のそれぞれ25名勝ち上がり⇒決勝方式。
10ヶ所の直角コーナーで繋いだコースにはアップダウンも含む。
公道レースで、地元方々が大変温かく盛り上げてくれている。
前日の雨は止み、朝から快晴。陽射しは強いがどことなく風が爽やか。

◆予選
タイムスケジュールの都合で、急遽距離を短縮。
1周5分ほどのコースを4周回で競うことになった。
あっという間に終了するであろうこの設定は、スタートから気を抜けない。
各組出走は50名⇒勝ち上がり25名

予選1組:向川、窪木、安原
スタートから位置取りも重要、マトリックスは前方をキープ。
集団は崩れないまま、最後はゴール争い。
終始前方に位置したマトリックスは全員予選を通過した。

予選2組:永良、山下、小牧、池部
2周回目、集団から福島(ボンシャンス飯田JPT)がアタック。
その後に落車もあってか集団が分断、なんと26名に絞られる。
マトリックスは全員前グループに入り、落ち着いての予選通過。

◆決勝
出走選手:5名 向川尚樹、永良大成、小牧祐也、池部壮太、窪木一茂
予選を勝ち上がった50名で競う。
決勝も距離が変更して全10周回、うち5周回目の終了時にポイント賞。
こちらも距離が短いため、スタートからかなりのハイペース展開が予想される。
昼頃からかなり気温が上昇しており、決勝の頃には30℃超えでかなり暑い。

予想どおり、スタートから数名がアタックをかけて飛び出す。
マトリックスも大貴が飛び出し、集団はハイペースでラップタイム4分50秒。
アタックが続く集団は横広がりでうねり、不安定な様子。
しかし、前方はシマノレーシング、宇都宮ブリッツェンがしっかりと固めている。

3周回目、マトリックスから、向川、永良、山下が前に出て8名ほどで先行。
10秒ほど後方のメインも落ち着かず追走の動きでアタックが続く。

5周回目、メインから窪木がアタック、そのままポイント賞をとる。
メインはそのまま先行8名を飲み込み、更にアタックが繰り返される。
福島(ボンシャンス飯田)のアタックをきっかけに、集団は真っ二つに分断。
前方20名、30秒差で後方。マトリックスはここに5名のせ、好機を窺う。

マトリックス5名(向川、永良、山下、小牧、窪木)
シマノレーシング4名(畑中、鈴木、平塚、入部)
宇都宮ブリッツェン5名(廣瀬、普久原、増田、初山、飯野)
パールイズミ・スミタ・ラバネロ2名(栂尾、大久保)
cannondale spacezeropoint 2名(小室、遠藤)
Team UKYO 1名(嶌田)
ボンシャンス飯田JPT 1名(福島)

絞られた先頭グループは尚もアタックが続く。
宇都宮ブリッツェンは増田、普久原が、マトリックスは山下、永良が積極的に反応。
シマノレーシングは隊列崩さず、平塚の先頭引きで反応。
消耗した選手が脱落していき、8周回目には16名に絞られる。
後続とは40秒、勝負はやはり先頭グループに絞られてきた。

いよいよ終盤9周回目の後半、なんと窪木が落車に巻き込まれる。
マトリックスは最終ゴール勝負を前に痛恨のダメージ。
しかし窪木は立ち上がると、単独で先頭を猛追する。

先頭では最終周回に入り、ゴール勝負への動きが始まっている。
ゴールまで残り1km地点で、福島が単独アタック。一気に後続を離しゴールへ向かう。
ここに、猛追してきた窪木が先頭グループに追いつく!
窪木はそのままグループをかわして福島を追う。
これに周囲も反応、一斉にゴールスプリントが始まる。

福島は逃げ切り優勝。窪木は、畑中、初山にかわされ4位でのゴールとなった。
単独でレースを展開させ優勝した福島選手の走りは圧巻。
表彰台には届かず悔しいゴールであったが、周囲を驚嘆させる窪木の走りだった。

窪木はポイント賞も獲得、大貴はピュアホワイトジャージを守った。
それぞれが掴んだ手応えを結果へ繋ぐこと。続く次戦を頑張ります。


【順位】
1位 福島晋一(ボンシャンス飯田JPT)48分43秒
2位 畑中勇介(シマノレーシング)
3位 初山翔(宇都宮ブリッツェン)
4位 窪木一茂(マトリックスパワータグ)+01秒
5位 小室雅成(cannondale spacezeropoint)
6位 大久保陣(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)+04秒
7位 遠藤績穂(cannondale spacezeropoint)+06秒
8位 永良大誠(マトリックスパワータグ)+08秒
9位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
10位 向川尚樹(マトリックスパワータグ)+11秒
13位 山下貴宏(マトリックスパワータグ)
24位 池部壮太(マトリックスパワータグ)
37位 安原大貴(マトリックスパワータグ)
39位 小牧祐也(マトリックスパワータグ)

c0208048_18513789.jpg

photo by Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2012-09-05 18:52 | イベント・大会情報  

試乗会情報 - シルバーリングプロ 世田谷烏山店

FOCUS 試乗・販売会のお知らせ

ドイツの名ブランド「FOCUS」。世界中のレースシーンで活躍しているコンチネンタルプロチーム「ACQUA & SAPONE」も使用していることで有名なブランドです。
テストを何度も繰り返し、納得できるものだけを製品にする几帳面で質実剛健なドイツの血筋が「FOCUS」に生かされ一台一台が最高の物に仕上がっています。
この機会に「FOCUS」に試乗して良さを感じ取ってください。
みなさまのご来場お待ちしております。

開催日:9月23日(日)~10月7日(日)

開催場所:サイクルスタジオ シルバーリングPRO 世田谷烏山店
 〒157-0062
 東京都世田谷区南烏山3-25-11
 ℡03-3307-1128

 http://cplus.if-n.biz/5000200/index.html#menu


試乗車予定車種 
FOCUS IZALCO PRO 2.0 サイズ:52
c0208048_21144247.jpg

FOCUS IZALCO PRO 4.0 サイズ:50
c0208048_21145720.jpg

FOCUS IZALCO ER 1.0 サイズ:48
c0208048_21151212.jpg

FOCUS CAYO EV 3.0 サイズ:48
c0208048_21152384.jpg

FOCUS CAYO 1.0 サイズ:50
c0208048_21153735.jpg

[PR]

by cycle-sports | 2012-09-04 09:00 | イベント・大会情報  

チームマトリックス パワータグ 湾岸クリテリウム レポート

c0208048_21375712.jpg

photo by Hideaki TAKAGI

JBCF 湾岸クリテリウム
Jプロツアー第11戦 

日付:2012年8月18日(土)
開催地:東京都江東区青海1丁目
    シンボルプロムナード公園セントラル広場 特設周回コース(800m周回)
距離:予選16km(800m × 20周回) 決勝32km(800m × 40周回)
天候:曇り時々雨のち晴れ 気温31℃
出走選手:7名 向川尚樹、永良大誠、山下貴宏、安原大貴、小牧祐也、池部壮太、窪木一茂


オープンして間もない、お台場ダイバーシティでの開催。
都内の人気施設での開催はJプロツアー初めてである。
夏休みということもあり、大勢の人で賑わう華やかな場でのレース開催であった。

レースは予選⇒決勝方式。4組に分けた各組から10名の勝ち上がり決勝となる。
公園内の特設コースは、幅が狭くUターンもあり抜きどころも限られてくる。

朝は雷鳴含む黒雲に覆われ不安な天候であったが、なんとか予選中は降られず。
一時夕立となったが、決勝には晴れ間が見えるほどに回復し、雨は避けられた。


◆予選
予選1組:窪木
スタート早々から窪木は前方好位置をキープ。
アタックが幾度かかかるが集団は崩れず、最後はゴールスプリントへ。
窪木はこのゴール勝負をトップで通過した。

予選2組:永良、小牧
スタートからアタックの応酬となり、集団は常に不安定な状態。
永良、小牧は冷静に前方位置をとり、ゴール際も落ち着いての予選通過。

予選3組:向川、安原
常に数名が抜け出している展開。吸収⇔アタックを繰り返す。
大貴も積極的にアタックを見せる。向川は集団前方で落ち着いた様子。
ゴールは集団でのスプリントとなり、向川は通過、大貴は残念ながら通過ならず。

予選4組:山下、池部
先頭がよく変わる。山下、池部も時折先頭に出ながら落ち着いた様子で周回を重ねる。
ラスト1周回から位置取り激しく集団は不穏な様子。
池部は通過、山下は不運にも接触され、通過ならず。


◆決勝
出走選手:5名 向川尚樹、永良大成、小牧祐也、池部壮太、窪木一茂
予選を勝ち上がった40名で競う。

スタートからシマノレーシング、宇都宮ブリッツェン、Team UKYOらが集団前方を固める。
8周回目、集団から窪木を含む3名が抜け出す。

窪木一茂(マトリックスパワータグ)
中村誠(宇都宮ブリッツェン)
狩野智也(Team UKYO)

これに集団から反応する選手が続くが、ここから更に窪木がアタック。
単独先行しての10周目、1回目のポイントをとる。
集団からは嶌田(Team UKYO)が追走をかける。
これに池部が反応、窪木に追いつき3名。
更に普久原(宇都宮ブリッツェン)が加わり13周目には先頭4名。

窪木一茂(マトリックスパワータグ)
池部壮太(マトリックスパワータグ)
嶌田(Team UKYO)
普久原(宇都宮ブリッツェン)

やがて池部が下がり3名になるが、この3名はレース後半まで先行する。
20周目、2回目のポイントも窪木がとり、先行し続ける。

ポイント通過後、メインから増田(宇都宮ブリッツェン)が抜け先頭グループに合流。
メイン集団はシマノレーシングと宇都宮ブリッツェンがコントロールし、7秒差あたりを保つ。
レースも後半となる30周目、3回目のポイントも窪木。3回のポイント全てを窪木がとった!

この後、シマノレーシングの強い引きで集団はペースアップ。
33周目、ついに窪木ら先頭グループは集団に吸収。代わってカウンターアタックが続出。
池部や狩野などが積極的にアタックを繰り返すが、都度集団は反応して決まらない。

38周目、宇都宮ブリッツェンの増田と中村がアタック。
向川が反応して抜け出すが、ラスト周回にはつかまる。
ゴールは集団でのスプリントへ・・・最終コーナーから廣瀬(宇都宮ブリッツェン)が先行。
集団中央から窪木が伸びてくるが・・・届かず、7位。
先行する廣瀬をかわし、ゴールを制したのは辻善光(Team UKYO)だった。

窪木はポイント賞、大貴は引き続きピュアホワイトジャージを着る。

流れを作るべく積極的に動いたマトリックスであったが、入賞圏内に入れず悔しい結果。
続く翌日のみやだロードへ気を引き締めて臨む。



【順位】
1位 辻善光(TeamUKYO)46分46秒
2位 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン)
3位 畑中勇介(シマノレーシング)
4位 小室雅成(cannondale spacezeropoint)
5位 大久保陣(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)
6位 若杉厚仁(宇都宮ブリッツェン)
7位 窪木一茂(マトリックスパワータグ)
15位 永良大誠(マトリックスパワータグ)
30位 小牧祐也(マトリックスパワータグ)
32位 池部壮太(マトリックスパワータグ)
   向川尚樹(マトリックスパワータグ)
DNF 山下貴宏(マトリックスパワータグ)
DNF 安原大貴(マトリックスパワータグ)

ピュアホワイトジャージを守った安原大貴選手
c0208048_21385454.jpg

photo by Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2012-09-03 21:39 | レース情報