「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

マトリックスパワータグ Jプロツアー チームタイムトライアル優勝!

Jプロツアー第3戦 JBCF タイムトライアル南紀白浜にて、チーム「マトリックス パワータグ」がチームタイムトライアルにて念願の優勝を飾りました。 FOCUS IZALCO CHRONO MAXもチームTT日本初優勝です!
「マトリックス パワータグ」のレポートをお届けします。
c0208048_14431597.jpg


JBCF タイムトライアル南紀白浜
Jプロツアー第3戦 

日付:2016年4月16日(土)
開催地:和歌山県西牟婁郡白浜町 旧南紀白浜空港跡地
距離:14km(2.0km × 7周回)
天候:晴れ 気温20℃
出走選手:6名 ホセ・ビセンテ、アイラン・フェルナンデス、佐野淳哉、土井雪広、吉田隼人、安原大貴
使用バイク:FOCUS IZALCO CHRONO MAX

今期Jプロツアー唯一のチームタイムトライアル。
付与ポイントが高く、またチームの連携や実力の見せどころでもあり注目度が高い。
マトリックスは過去チームTTでの勝ち星は惜しいところで逃してきた。何としても勝ちたい種目、皆集中してウォーミングアップをする。
c0208048_14462099.jpg

今年もまた設定が異なり周回数が少ない。参考に過去のトップタイム↓

2015年 周長2.0km×10周=20km 25分02秒55
2014年 周長1.5km×10周=15km 22分10秒03 
2013年 周長2.5km× 6周=15km 19分55秒55

今年は昨年と同様周長2.0kmだが周回数が減った。
距離や名物爆風の左右はあるが、昨年に比べて風強いか当日のラップタイムは遅め。
先に行われている個人TTなどからラップタイム2分35秒が目安か、昨年は2分30秒目安。

当日も快晴だがやはり爆風で突風のような風も時折。長い直線折り返すコースは往復極端に異なり、ホームは向かい風、バックは追い風
全8ヒートの7ヒート目、対戦相手はシマノレーシング。

中盤までは20分台の争い、ラップタイム2分50秒ほどの争いで昨年より遅め。後半は20分を切ってくることは間違いない。
4ヒート目でイナーメ信濃山形が19分25秒95を出しこれまでのタイムを大きく更新すると、後半へ向けて徐々に更新されていく。
6ヒート目で愛三工業レーシングチームが18分22秒37と18分台へ、ラップトップは2分34秒。

ここで、全日本トラックに出場している近谷が個人パーシュートで優勝、全日本チャンピオン!との速報。
その朗報を受け、いよいよマトリックスの7ヒート目スタート。
c0208048_14471793.jpg

スタートから快調に飛ばし、明らかに目で見ても早い。ラップタイム2分36秒。
佐野が中心で引き更にペースを上げ、2周目ラップタイム2分30秒、トップタイム更新。
ペース安定させながらも最後へ向けて徐々に動く。
残り2回で隼人が、そして土井が・・・、全力渾身引き、6周目のラップ2分30秒へ上げてラストラップへ託す。
c0208048_14494013.jpg

ラストラップは佐野、ホセ、アイランの3名。佐野が向かい風のホームをド迫力で引く。
スピード緩ませず折り返し追い風のバック側へ。隊列整え3名回しながらゴール、17分55秒76でトップ更新!

残る最終ヒートは注目の宇都宮ブリッツェンとTeam UKYO。
着実にタイムを合わせて上げてくるブリッツェン、そして圧倒的なタイムを叩きだすUKYOの走りを見つめる。
宇都宮ブリッツェンは後半型、徐々にタイムを上げていくが始めやや遅いか2周目でかなり上げていく。
Team UKYOは始めから快速、最高値どこまで上げていくのかが脅威。

両チームともラップ2分33秒前後、マトリックスとの差は微妙。
残り3回、UKYOが思ったより伸びてこない。いつものようにペース上げていくブリッツェン。
ヒートはブリッツェン優勢、そしてラスト2分30秒05の最高トップタイムでゴール。しかしトータル18分00秒56。
c0208048_1453492.jpg

2位ブリッツェンに5秒のタイム差をつけてマトリックス優勝!! Jプロツアー今期初勝利、そして念願のチームTTで勝った!!
この結果、チーム総合はトップに!田窪もU23リーダーを守っている。

左袖に「力」の名を入れ、故和田の地元で心に沁みる勝利。
この地の風は少々荒々しいが、好い風が吹いている。上昇気流に乗って翌次戦へ!

c0208048_1454555.jpg


【監督コメント】
全員無線をつけてラップタイムを指示する予定だったが、後ろに優勝候補2チームがいて、意味ないから外して「突っこむだけ突っこめ!」って指示した。
それらのことを考えると、選手もがんばってくれたけど、”カントクの腕前”と違うかなー

レース終わったあと、チームピットの前に立ってたら右京のGM元悪役商会の桑原さんがひたひたと近づいてきて、
「や、やばい、殺られる」と思った瞬間、右手差し出して「おめでとう」って言われて、うれしさよりもホッとした。
c0208048_14535698.jpg


【順位】
1位 マトリックスパワータグ 17分55秒76 46.85km/h
2位 宇都宮ブリッツェン +04秒
3位 Team UKYO +08秒
4位 愛三工業レーシングチーム +26秒
5位 シマノレーシング +43秒
6位 シエルヴォ奈良レーシングチーム +1分06秒

photo by Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2016-04-21 15:10 | レース情報  

マトリックスパワータグレースレポート JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム

c0208048_1619240.jpg


JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム
Jプロツアー第2戦


日付:2016年4月10日(日)
開催地:岐阜県不破郡関ヶ原 伊吹山ドライブウェイ(全長15km 標高差1035m)
距離:15km(標高差1035m 平均勾配6.4% 最急勾配10%)
天候:晴れ 気温15℃
出走選手:8名 ホセ・ビセンテ、アイラン・フェルナンデス、永良大誠、土井雪広、佐野淳哉、吉田隼人、安原大貴、田窪賢次

c0208048_16213550.jpg


Jプロツアー第2戦、滋賀県から岐阜県へと跨る伊吹山でのヒルクライム。
神宿る山は容易にその全路を許さず、過去幾度も残雪などの影響で距離短縮となっているが、今年は暖冬であったこともありフルコース。
2013年に来日デビュー戦となったホセが大差をつけ圧勝した40分01秒はコースレコード、翌2014年との2連覇は記憶に新しい成績。
マトリックスはホセを核にチーム一丸で勝ち取りに行く。

当日は天候も安定し 桜舞う春らしい日。午後からのスタートは30分ほど遅れ、徐々に気温が下がり始める中でのスタートとなった。
スタートからかなりのアタック戦。果敢に動くのはマトリックスとTeam UKYO。アイランのアタックにジョン・アベラストゥリ(Team UKYO)が反応し揺らす。
ペース上げ役として土井や大貴、UKYOはオスカル・ブジョルなどが激しく動く。

c0208048_1622535.jpg


5km地点辺りでホセやベンジャミ・プラデス(Team UKYO)のアタックから一度は8名が抜けるも、集団もそれを許さずキャッチしていく。
この激しい動きの連続や強い風の影響もあり、集団は早々に絞られて早くも30名ほど。

8km地点を過ぎた辺りで集団は更に絞られ11名、マトリックスはホセ、大貴、田窪がいる。
そこからから才田直(LEOMO Bellmare Racing team)が単独抜け先行、即反応したオスカル・プジョルが追いつき先行2名。
残る集団も追走姿勢、田窪や大貴、鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)などがチームのアシストとしてペースを上げる。
牽引を受けたホセ、ベンジャミ・プラデス、中根英登(愛三工業レーシングチーム)、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が次々と抜けて前を追う。
やがて11km地点で追走は先頭2名に追いくつが、ホセは遅れてしまう。そしてオスカルも離脱し先頭4名。

c0208048_1651542.jpg


才田直(LEOMO Bellmare Racing team)
ベンジャミ・プラデス(Team UKYO)
中根英登(愛三工業レーシングチーム)
増田成幸(宇都宮ブリッツェン)

遅れたホセに後方から大貴、田窪が追いつき、ホセを上げようと先頭を追うが活性した先頭との差は縮まらない。
残り2km、先頭はゴールへ向けてのバトルが始まり、中根とベンジャミが仕掛けあう。増田、才田と離れていく。
最後は2名でのスプリント勝負となりベンジャミが制し優勝、続いて中根。そして才田、増田。
マトリックスはホセとともに大貴、ホセ、田窪が6、7、8位でゴールとなった。

始まったばかりのJプロツアー、個人総合は替わりベンジャミ・プラデスに。田窪はU23リーダーを守っている。
しばらく毎週続く一戦毎に状況は変わりまだまだこれから。仕切り直して次戦へ臨む。

【監督のコメント】
ベンジャが優勝って聞いて、思わずみんなでバンザーイ!
あっ、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【順位】
1位 ベンジャミ・プラデス(Team UKYO)42分04秒
2位 中根英登(AISAN Development Team)+00秒
3位 才田直(LEOMO Bellmare Racing team)+19秒 
4位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+35秒
5位 オスカル・プジョル(Team UKYO)+42秒
6位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+47秒
7位 ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)+53秒
8位 田窪賢次(マトリックスパワータグ)+1分09秒
17位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
25位 土井雪広(マトリックスパワータグ)
28位 永良大誠(マトリックスパワータグ)
29位 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
37位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)

Photo:Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2016-04-15 20:30 | レース情報  

第3回富山サイクルフェスティバル2016 IN 牛岳 出展のお知らせ

c0208048_18165757.jpg


4月24日(日)に富山県富山市牛岳温泉スキー場で開催される「第3回富山サイクルフェスティバル」にブース出展いたします。ブースでは、プロツアーチームAG2R LA MODIALE」、コンチネンタルチーム「チームマトリックス」が使用しているドイツブランドの「FOCUS」、プロコンチネンタルチーム「チーム ロス」が使用している「corratec」、イタリアの老舗ブランド「BOTTECCHIA」の2016年モデルの試乗車ご用意して、皆様のご来場場お待ちしています。

日時:4月24日(日) 9:00~15:00
  
会場:牛岳温泉スキー場  富山県富山市山田小谷中根2

お問合せ先:サイクルフェスティバル実行委員会 事務局 TEL:080-3493-9303
[平日のみ] 9:00~17:30


◇予定試乗車一部ご紹介(予告なく変更することがございますのでご了承ください)
 ブランド:コラテック・フォーカス・ボッテキア

コラテック
CCT PRO DURA ACE サイズ:48 (トップチューブ長 535mm)
CORONES TIAGRA サイズ:46 (トップチューブ長 516mm)

フォーカス
IZALCO MAX AG2R DURA ACE サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)
IZALCO MAX ULTEGRA サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)
CAYO ULTEGRA サイズ:51 (トップチューブ長 537mm)
CAYO AL 105 MIX サイズ:51 (トップチューブ長 537mm)

ボッテキア
8AVIO EVO105 サイズ:47 (トップチューブ長 515mm)
[PR]

by cycle-sports | 2016-04-13 20:10 | イベント・大会情報  

プレミアム・バイク・インプレッション2016 WEST 御堂筋サイクルピクニック 出展のお知らせ

c0208048_16555852.jpg


2016年4月24日(日)大阪・中之島にて開催されるPREMIUM BIKE IMPRESSION 2016 WEST 御堂筋サイクルピクニックに出展致します。
初の大阪開催となる大阪でのプレミアム・バイク・インプレッションに出展致します。
プロコンチネンタルチーム「」TEAM ROTH」が使用するドイツブランドの「CORRATEC」、同じくドイツブランドでプロツアーチーム「AG2R La Mondiale」が使用する「FOCUS」に加え、イタリアブランドの「BOTTECCHIA」のヨーロッパブランドの最新モデルの試乗車をご用意します。各国、各ブランドで異なった特徴がありますので、乗り比べていただけたらと思います。皆様のご来場お待ちしています。

イベント名  :PREMIUM BIKE IMPRESSION 2016 WEST 御堂筋サイクルピクニック
開催日時  :2016年4月24日(日)
開催時間  :10:00~16:00 (試乗時間 11:00~15:00)
開催場所  :中之島公園
        
参加申込方法:事前申込みが必要となりますので、下記イベント公式ホームページの           インターネット申込みサイトより必要事項を入力のうえ、お申込みください。

https://www.ei-publishing.co.jp/bic/pbi2016_osaka/#menu


※試乗する際にはヘルメットが必要となります。貸し出し用を用意致しますが、数に限りがございますので、当日はご持参することをお勧めします。
※参加費:2/20~4/20(先行前売券)1,000円 / 4/21~4/22 1,500円 


◇予定試乗車一部ご紹介(予告なく変更することがございますのでご了承ください)
コラテック
CCT EVO ULTEGRA サイズ:48 (トップチューブ長 534mm)
DOLOMITI TIAGRA サイズ:42 (トップチューブ長 508mm)

フォーカス
IZALCO MAX AG2R ULTEGRA サイズ:48、52、54 (トップチューブ長 521、536、549mm)
IZALCO MAX DURA ACE DISC サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)
CAYO AG2R ULTEGRA サイズ:48、54 (トップチューブ長 503、552mm)
CAYO ULTEGRA DISC サイズ:51 (トップチューブ長 537mm)

ボッテキア
T1 TOUR MALET ULTEGRA サイズ:44 (トップチューブ長 520mm)
8AVIO EVO ULTEGRA サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)
[PR]

by cycle-sports | 2016-04-11 20:05 | イベント・大会情報  

Sports Bike Demo in 愛媛 出展のお知らせ

c0208048_1923136.png


Sports Bike Demo in 愛媛に出展します。
CORRATEC、FOCUS、BOTTECCHIAブランドで10台以上の試乗車を
ご用意して、皆様のご来場をお待ち申し上げます。


第1回 Sports Bike Demo in 愛媛 

開催日: 4月23日(土) 10:00~16:00
場所: 愛媛県伊予郡松前町筒井850 エミフルMASAKI 屋上


詳しくは下記公式ホームページをご覧ください。

http://www.ysroad.net/spodemo_blog/122014-in/4-4/#menu

◇予定試乗車一部ご紹介
(予告なく変更することがございますのでご了承ください)
 ブランド:コラテック・フォーカス・ボッテキア

コラテック
CCT EVO ULTEGRA サイズ:48 (トップチューブ長 534mm)
CORONES 105 サイズ:48 (トップチューブ長 533mm)

フォーカス
IZALCO MAX AG2R ULTEGRA サイズ:48、52、54 (トップチューブ長 521、536、549mm)
IZALCO MAX DURA ACE DISC サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)
CAYO AG2R ULTEGRA サイズ:48、54 (トップチューブ長 503、552mm)
CAYO ULTEGRA DISC サイズ:51 (トップチューブ長 537mm)

ボッテキア
T1 TOUR MALET ULTEGRA サイズ:44 (トップチューブ長 520mm)
8AVIO EVO ULTEGRA サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)

c0208048_1639321.jpg

c0208048_16412825.jpg

写真は大阪会場

c0208048_16204855.jpg

写真は埼玉会場
[PR]

by cycle-sports | 2016-04-08 19:00 | イベント・大会情報  

晴れの国おかやま7時間エンデューロ ブース出展のお知らせ

c0208048_19281496.png


4月17日(日)に岡山県美作市岡山国際サーキットで開催される「第6回晴れの国おかやま7時間エンデューロ」において試乗会を開催致します。ブースでは、「チーム マトリックスパワータグ」、プロツアーチームAG2R LA MODIALE」が使用しているドイツブランドの「FOCUS」、プロコンチネンタルチーム「チーム ロス」が使用している「corratec」、イタリアの老舗ブランド「BOTTECCHIA」の2016年モデルの試乗車ご用意して、皆様のご来場場お待ちしています。

日時:4月17日(日)
  
会場:岡山県美作市 岡山国際サーキット

詳細は「おかやま7時間エンデューロ」ウェブサイトでご確認ください。

http://okayama-enduro.powertag.jp/#menu

◇予定試乗車一部ご紹介(予告なく変更することがございますのでご了承ください)
 ブランド:コラテック・フォーカス・ボッテキア

コラテック
CCT EVO ULTEGRA サイズ:48 (トップチューブ長 534mm)
CORONES 105 サイズ:48 (トップチューブ長 533mm)

フォーカス
IZALCO MAX AG2R ULTEGRA サイズ:48、52、54 (トップチューブ長 521、536、549mm)
IZALCO MAX DURA ACE DISC サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)
CAYO AG2R ULTEGRA サイズ:48、54 (トップチューブ長 503、552mm)
CAYO ULTEGRA DISC サイズ:51 (トップチューブ長 537mm)

ボッテキア
T1 TOUR MALET ULTEGRA サイズ:44 (トップチューブ長 520mm)
8AVIO EVO ULTEGRA サイズ:50 (トップチューブ長 530mm)

c0208048_19522529.jpg


c0208048_14131271.jpg

photo by Hideaki TAKAGI
[PR]

by cycle-sports | 2016-04-01 19:52 | イベント・大会情報