三船選手関西クロス第8戦優勝!今季シクロクロス4勝目

三船雅彦 関西クロス第8戦 北神戸レポート
c0208048_19194545.jpg

11月より始まった関西シクロクロスシリーズ2011-2012全10戦ですが、1月15日(日)の北神戸は第8戦と終盤戦。
アップダウンのテクニカルさがウリのコース。
現役時代ここは得意コースのひとつで、雪が降ると平坦区間すらまともに乗車できないほどの泥!
今年は全く雨や雪が降らず、ドライコンディションでスピードレースとなりました。

今回はスタートから飛び出し、独走勝利を目標に戦いました。
スタートからアウター(46T)でスピードアップ。
後ろは関西クロスのランキング上位の選手が懸命に追走、しかし徐々に差が開き始め
1周目を終了時点で10秒以上の差。
とにかくスピードを落とさないよう、そして決してミスしないようにを心掛けて走行。
スタートしてから第1ピットへと向かうキャンバー区間、そしてグラウンドから急坂を登って
第2ピットへのキャンバー区間がテクニカルでした。

4周終了時点で1分以上の差。走行はきっと6周だと思い、ラスト周回で何人かをラップしようと
目論んでいましたが、主催者の方が4周回終了時点でラスト周回の鐘。
これで集中力が切れてしまい、ラスト1周は少し流し気味でゴール。
2位の選手に1分以上の差を広げてのフィニッシュとなりました。
主催者は、きっと後半にスピードが落ちるだろうと判断し5周回に設定したようですが
実際はスピードが落ちることなくゴールへ。
レギュレーションでゴール時間が40分前後となっていますが、実際は40分強なので4分ほど短く
レースが終了してしまいました。

これで今シーズンのシクロクロスは4勝目(飯山、全日本、くろんど池、北神戸)
残りは堺(1月22日)桂川(2月5日)、両レースとも勝利で飾れるように頑張りたいと思いますので
お時間のある方は是非現地でレースの盛り上がりを肌で体感していただき、応援していただければと思います。
[PR]

by cycle-sports | 2012-01-19 19:21 | その他  

<< CORRATEC DOLOMI... 関西クロス第6戦Master ... >>